FC2ブログ

pine@管理人

Author:pine@管理人
風景写真ブログが
お酒ブログになり、
時には料理ブログにもなり
現在は自転車関連の記事が
主な更新のブログです。

2012/3 TREK2.3購入

既婚。
二児の父親。







携帯でも見れます





スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

よさこい祭り 

s-yosakois1.jpg

s-yosakois2.jpg


よさこい祭り

四国は高知県。

毎年、お盆の時期にやっています。


よさこい祭りは、基本的に

「衣装」を着て

「鳴子」を持って

「楽曲」にあわせて

「振り付け」を付けて

「地方車」を先導として

踊りながら、街を踊り歩く祭りです。

優秀なパフォーマンスをすれば、賞などがもらえたと思います。


高知の祭りですが、県外からも沢山の参加者と見物客が訪れ

盛大な祭りとなっていました。


各チーム数十名ほどがグループになり、街を踊り歩く姿は圧巻です。

衣装や鳴子なども各チーム様々で個性的なので、
それを見ていても楽しいです。

よさこい祭りの為に、一年間練習しているかして
どのチームも迫力があり、非常にまとまりがあります。

踊っている人たちも非常に楽しそうで、
見ている自分も参加したくなる程でした。


北海道にも、よさこいソーラン祭りというのがありますが
これは恐らく高知のよさこい祭りからヒントを得てできたのでしょう。

スポンサーサイト

[2006/05/02 15:14] [旅の風景]四国 | TB(0) | CM(4)

龍河洞 




四国は高知県香美郡にあります。

国指定の天然記念物に指定されています。


中は鍾乳洞になっており、写真の様な状態になっています。

鍾乳洞は、数千年も前から徐々にその形を変えていき、

今も尚その変化は進行を続けています。


写真手前、上下に三角錐があります。

上から雫が滴ってこの様な形になっています。

この部分は、数百年後か数千年後には上下が合体して
円柱となるそうです。


鍾乳洞の内部は、自然が作る様々な面白い形が形成され、それぞれに
「マリア様」「お釈迦様」「千枚岩」「雲の架け橋」など
様々な名前が付けられています。

実際見た感想としては、似てるっちゃ似てるけど、そうでもないかも知れません。

俗に言う、ビミョーでした。


命名はさておき


鍾乳洞は、自然が長期にわたり築き上げてきた産物なので
その風景は神秘ささえも感じました。

光が自然の光が入らない洞窟なので、
尚一層そう感じるのかも知れません。

自然にできたものは、どこで見ても感動、感心します。


ここは、入場料が1000円と自然を見るには、割高のような気もしましたが、それ相応のものはありました。



[2006/04/26 18:48] [旅の風景]四国 | TB(0) | CM(4)

ツーリングとテント 




ツーリングとテント。

バイクでツーリングする時は、ほとんどがキャンプです。

つまり、テントで寝ます。

その時に、どんなテントを使うかは大きな問題です。

ツーリング用のコンパクトなテントか、キャンプ用の大きなテントかを。


たいがいのライダーはツーリング用を使っていると思います。


ツーリング用のコンパクトにたためる二人用のテントがありますが、あれはどうもいけません。

旅をしている間は、ずっとバイクに跨り、風を受け走ります。

キャンプ場に着く頃には、疲労困ぱいです。

そんな時に、狭いテントでは十分に休息し明日に備える事はできません。

中で宴会でもしようものなら、到底無理です。

そして、設営もポールを通したりして意外と時間がかかります。


ですから、私の場合は写真の様な大きなテントをバイクに積みます。

一応、四人用です。まぁ、二人で丁度いい位ですが。

たたんでも大きくて邪魔になりますが、テント内で過ごす快適な空間を考えれば問題ありません。

中で鍋もできますし、宴会もできます。

またこのテントは、ワンタッチ式なのでポールとシートが一体になっています、その為ものの五分程度で設営できます。

疲れているときは、設営も億劫ですがこれならかなり楽です。


少しくらい大きくても、バイクには積む事は出来ます。

積むことが出来れば、後はバイクが運んでくれるので、大きくても小さくても問題ありません。

ツーリングに行くときは、コンパクトに収納できるツーリング用テントより、キャンプ用の大きなテントがいいと思います。

[2006/03/29 16:11] [旅の風景]四国 | TB(0) | CM(0)

四万十川 

s-simanto1.jpg


四万十川。四国は、高知県。

日本最後の清流と呼ばれいています。

確かに、そう呼ばれる程の美しさがあります。

また、四万十川は川だけでなく、周りの自然もとても美しいです。

こういう場所に行くだけで、自然と心が安らぎます。

いま流行の癒しです。マイナスイオンたっぷりです。

s-simanto2.jpg


無駄な建物の無い自然の景色は最高です。



[2006/03/23 15:30] [旅の風景]四国 | TB(0) | CM(0)

野猿 

野猿。

四国は徳島県三好市。旧西祖谷山村にあります。

先日紹介した、かずら橋のすぐ近くです。

これは、人や物が渓谷を渡る為に設置されています。

渓谷じゃなくても、川などにも有るようです。

下の写真の様に、ロープが張ってあり、そこに籠が付いているシンプルな物です。

この籠を動かすには、中央に通っているロープを手繰って行きます。

人力です。

s-kyaen1.jpg


向うの方から。


s-kyaen2.jpg


真ん中のロープを手繰り。


s-kyaen3.jpg


渡ります。


大人二人が乗ると、動かすのに少し力が必要です。

感覚としては、公園に設置してある遊具のようで
けっこう揺れたりして、楽しめました。


橋を作るとなると大変ですが、こういった形なら比較的安易に作れるので、川がある場所では重宝していたのでしょう。

たしか、野猿は奈良県の十津川村にもあったかと思います。
そこの野猿も、こんな感じでした。

以上
[2006/03/21 17:05] [旅の風景]四国 | TB(0) | CM(0)
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -





気に入っていただければ・・・



ワンクリックお願いします。



ブログランキングに
参加しています

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ





閲覧制限付記事のパスワードは

管理人の苗字を半角アルファベットで入れて下さい。

(6文字になります)

非常に身内寄りの内容の為、公開を制限させて頂いています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。