FC2ブログ

pine@管理人

Author:pine@管理人
風景写真ブログが
お酒ブログになり、
時には料理ブログにもなり
現在は自転車関連の記事が
主な更新のブログです。

2012/3 TREK2.3購入

既婚。
二児の父親。







携帯でも見れます





スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

我が家のサンタさん 

今日の日曜日は、通常ならば自転車練習の日です。
しかしながら、本日は練習中止でした。
その理由は・・・。

僕には、小学2年生と幼稚園年長の子供がいます。
昨日はクリスマスイブで、サンタがプレゼントを持ってくる日。
我が家には、まだサンタクロースがおります。
小学2年生になると、サンタに会いたいと言う気持ちが強いらしく、なかなか寝てくれません。
寝たかなぁと思うと、少しでも物音を立てるもんならばすぐに目を覚まします。
これではなかなかサンタがプレゼントを置く事は出来ません。

お父さんが実はサンタだったなんて、子供にとっては信じられない事実です。
少しでも長くサンタの存在を信じていて夢を持っていてほしいと思う僕は、サンタの存在を明かす訳にはいきません。
我が家では毎年、子供がサンタに手紙を書いています。
なので、サンタは子供にばれない様にそれを回収し、プレゼントを置かなければなりません。
その為、子供が熟睡するまで、プレゼントが置けません。

そして、12時にプレゼントを置こうとした、数時間後・・・。
夜中の3時。子供は熟睡した様です。やっとプレゼントを置く事が出来ました。
いつプレゼントを枕元に置こうかと考えていた僕はきちんと寝れていません。

僕の早朝練習は、毎週遅くとも5時には起きます。5時まであと2時間。あまり寝れそうにはありません。
睡眠不足で練習するのも危ないので、今回は練習中止となりました。

それが、今日の練習中止の理由です。

111225-4.jpg
111225-5.jpg
子供がサンタさんからもらったプレゼントです。

いつまでサンタさんの存在を信じてくれるでしょうねぇ。
出来れば小学校の間くらいは、純粋な気持ちで信じていてほしいですね。

他の家庭はサンタさんはいつまでいるんでしょうかねぇ。。


本日の
体重:69.2Kg
体脂肪:15.6%
ランニング:なし
自転車:0Km
徒歩:0Km
スポンサーサイト

[2011/12/25 23:20] [その他]子供の教育 | TB(0) | CM(4)

車と子供と 

今日ニュースでこんな記事がありました。

子供が車から転げ落ち、乗っていた車にひかれて死亡。

なんとも目を覆いたくなる様な事故です。


原因はこうです。

ワンボックスの二列目に子供を乗せていました。

その子供がドアのロックで遊んでいるとロックが解除されドアが開いてしまい、弾みで子供が車から転げ落ちました。

そして、乗っていた車にひかれ死亡。


さて、問題です。誰が悪いでしょうか。

答えは明確です。

子供がロックをいじらなかったらこんな事故が起きなかったから子供が悪い・・・、のではありません。

全て親が悪いのです。

子供は親がなんぼ注意しても、自分で痛い目にあうかしないとわかりません。

アカンと言っても、子供はやってしまうもんです。

親は注意するだけでなく、その事故になる原因を除いてやる責任があります。

今回の件ならば、チャイルドシートに座らせておけばロックを触る事は出来なかったはずです。

若しくは、チャイルドロックを掛けておけば、もしロックが解除されても中からは開けれませんから、転落する事はなかったはずです。

その二つの内、一つでも注意して行っていれば事故は免れていました。

正に親の不注意です。


今回の場合、乗っていた車にひかれたという事は、自分の子供を自分の運転でひいてしまった事になります。

親は、さぞかし悲しい思いをしているでしょう。

でも、自分が悪いのです。


子供乗せてる車を良く見てみると、まれにチャイルドシートなしで乗っている子供がいます。

また、運転席のひざの上にのせて、運転したりしている人もいます。

チャイルドシートに載せない理由は、子供が大泣きするからかわいそうとか、いちいちめんどくさいとか・・・。

でも、子供が泣こうがわめこうが、子供の為にも必ず安全策を講じなければいけません。

後悔先に立たずです。

一時の甘やかしが、子供にとっていい結果になる事はありません。

かわいそうかなと思っても、子供の為です。


どうしようもない事故もあるけれど、

防ぐ事が可能な事故ならば、絶対に起こしてはいけません。

結局後悔するのは自分です。


ニュースを見ていて、改めて強く肝に銘じておかないかんと思った次第です。


[2007/07/03 00:42] [その他]子供の教育 | TB(0) | CM(0)

子供 

ずいぶんと更新が遅れていました。

楽しみにしていた人、そうでない人すいませんでした。

このままずっと放置されて、ブロク閉鎖・・・なんてことはなりませんので。

くだらない記事ですが、ぼちぼち更新していきます。

記事を書けなかった理由は多々あります。それは・・・。いや、やっぱりやめときます。


さて、今回は子供と親について少し。




続きを読む
[2007/02/22 00:36] [その他]子供の教育 | TB(0) | CM(0)

体罰は絶対にダメなのかな? 

新聞を読んでいるとこんな記事が有りました。

以下新聞記事より抜粋

『「心」説いた熱血校長体罰 給食粗末に憤り、奈良
 奈良県三郷町の町立三郷北小学校で、給食を粗末に扱ったとして、岡本喜代治校長(59)が4年生の男子児童(10)の尻をたたいて転倒させ、約1週間のけがを負わせる体罰をしていたことが22日、分かった。

 岡本校長は自分の教育哲学などを記した著書「子どもの心と教師の心」(日本教育研究センター)を出版し、教室に入って担任と一緒に指導するなど、教育熱心な校長として知られていた。

 岡本校長と同町教育委員会は保護者に謝罪。県教委は町教委の報告を待って処分を検討する。

 町教委によると、13日に、男児が給食中に茶わんの中でご飯を丸め、ふざけて天井に放り投げた。担任はその場で指導し、教頭を通じて校長に報告した。

 14日朝の登校時、岡本校長が男児を呼び止めてほおをつかんで引っ張り、尻を6、7回たたいた。はずみで倒れた男児は右ひざにけがをし、ほおにもつめ跡が残った。

 岡本校長は放課後に男児を自宅まで送り、保護者に謝罪。15日に町教委に報告した。町教委に「食べ物を粗末に扱うことに憤って指導したが、行き過ぎだった。けがをさせ申し訳ない」と話し、反省しているという。』
抜粋以上

この記事を読んだ人は、どう思うのだろうか?

現代の教育において、暴力で指導するのはもっての他だ。指導なら口頭の注意で改善させるべきだ。

大半がこの様な考えではないでしょうか。


最近の流れとして、体罰は絶対ダメと言う風潮があります。

物を教える時に、力でねじ伏せなくても口頭で教えていくべきだと。

たしかにそう。

で、もし教師が子供に体罰与えるようならば、その親は学校に飛んで行って訴えることでしょう。

うちの子供になんてことを・・・。

それを聞いた教師は、暴力振るってすいませんと謝りに行く。


果たしてこれでいいのかなぁ。

教師が体罰を与えなければならない事の発端は、問題を起こした子供に原因があります。

それを改善させるべく、致し方なく教師が教育の一環として体罰を与える訳です。

それなのに、最終的に教師が親に謝罪するのはいかがなものか。

子供が叱られるのは、叱られて当然の事をしているわけです。

口で言って分からないから、手が出る。ただそれだけの事です。

それを体罰だのどうのこうの言うのは、お門違いです。

むしろそんなに悪い事をしている子供を叱ってくれる教師に感謝すべきです。

我が子が叱られているかをないがしろにし、暴力だけに重きを置く事はおかしいのです。

自分の子供が駄目な事をした。この認識があれば、体罰どうのこうのは出てこない意見だと思います。


体罰=罪、悪はおかしい。

教育の躾の延長線上の体罰であれば、仕方ない事だと思います。

それを親がギャーギャー騒ぐから、教師も怒りつらくなり甘くなる。

教師が甘くなれば、子供も図に乗り、しいては教育崩壊なんて事にもなりえる訳です。


我が子が痛い目、怖い目に逢わすのはかわいそうだと思うかも知れません。

けれど、体罰をもらわなければいけない程度の躾しかされていない子供の方がもっとかわいそうです。

そこの所、間違えている人が多い気がします。




[2006/11/24 22:47] [その他]子供の教育 | TB(1) | CM(0)

「国旗・国歌」通達取り消し 

先日、ニュースで学校に対する「国旗・国歌」通達取り消しを求める判決が下されました。

これに関連して、「国旗・国歌」について少し。





続きを読む
[2006/09/22 18:00] [その他]子供の教育 | TB(0) | CM(0)
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -





気に入っていただければ・・・



ワンクリックお願いします。



ブログランキングに
参加しています

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ





閲覧制限付記事のパスワードは

管理人の苗字を半角アルファベットで入れて下さい。

(6文字になります)

非常に身内寄りの内容の為、公開を制限させて頂いています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。