FC2ブログ

pine@管理人

Author:pine@管理人
風景写真ブログが
お酒ブログになり、
時には料理ブログにもなり
現在は自転車関連の記事が
主な更新のブログです。

2012/3 TREK2.3購入

既婚。
二児の父親。







携帯でも見れます





スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

海釣り 

先日、久々に釣りに行ってきました。

前回言ったのが2006年の8月なのでかれこれ3年ぶりです。

場所は、前回と同じ由良にあります海釣り公園に行きました。

いかだの上から釣るので、波止で釣るよりは釣果が期待できそうな場所にあります。


前回はアイゴを釣りましたが、今回はカゴ釣りで大アジ狙い、あわよくばこっぱグレやチヌ、もしかして真鯛・・・なんか釣れたらいいなぁと淡い期待を抱いて釣り始めました。
(事前情報によると、サビキでグレなどが掛っているとの事)

カゴ釣りは、その仕掛けの万能さからボウズは殆どないと言われているそうです。(本命でなくても何かが釣れるらしい)

しかし、これまでの僕の釣り人生を思い返すとと、予定通り釣れたためしがない。

そこで、ボウズ防止の為、カゴ釣りと並行してサビキも仕掛けておきました。


で、釣り始めると、待てど暮らせどカゴ釣りにアタリなし。

さし餌のオキアミも残ったまま・・・。

ちょっとまて。おかしい。こんなはずでは。カゴ釣りは万能仕掛けじゃなかったのか?

予定では大アジが釣れて、あわよくばグレ。そして、今夜のおかずは刺身三昧だったはず。

大阪から、和歌山県は由良まで来てこの有様とは。


僕の隣でも、5人位のグループがカゴ釣りをしていましたが、どうやら釣れていない模様。

ありゃ、今日は魚がおらんのか・・・。


こんな日もあると(僕の釣り人生こんな日ばかりですが・・・)気持ちを切り替え、サビキに専念。


カゴ釣りが不調の中、サビキは入れ食い状態。

10~15センチの小サバ、5~10センチの豆アジがじゃんじゃん掛ります。

それに紛れて、チャリコ、ベラ、ミニミニグレなどそれはそれは。


サビキであわよくば、メバルでも釣れりゃあ御の字だ。

そう思い、サビキの針にさし餌付けたりして頑張ってみたけれど

釣れるのは小サバと豆アジばかり・・・。

そうこうしている内に、昼の1時になったので終了。


さて、気になる釣果ですが、朝5時から昼の1時まで大人2人で

小サバが70匹、豆アジが30匹、あとその他ちょこちょこ。


まぁまぁ、ボウズは逃れ、数は沢山釣れた訳ですが、どうも釈然としない釣果となりました。
(今回の本命は、カゴ釣りだったので。)


よし、次回こそはリベンジだ。(僕の釣り人生、リベンジだらけです)


釣った魚は、その日の夕御飯のおかずとなりました。

豆アジは天ぷらに、小サバはショウガ煮です。

090623-1.jpg

090623-2.jpg


豆アジは小さすぎてそんなに旨くないやろうと思っていたのですが、

小さいが故に、一口サイズの天ぷらが思いのほか旨くて、ビールのあてにぴったりでした。

一日の疲れた体を癒してくれる一品となりました。

釣った後の楽しみもあるから、釣りはやめられません。

スポンサーサイト

[2009/06/23 13:05] [旅の風景]和歌山県 | TB(0) | CM(2)

南紀白浜アドベンチャーワールド 

南紀白浜アドベンチャーワールド


先日、南紀白浜アドベンチャーワールドに行ってきました。

昔々、かれこれ幼稚園児の時だから、20数年前に行ったきり。

その時は、両親に連れられて。

今回は、20数年ぶりに自分の子供を連れて行って来ました。


どうせ、リゾート地にあるサファリパークだろうからそれほど期待していなかったのですが、以外や以外結構楽しかったです。



続きを読む
[2006/11/27 23:42] [旅の風景]和歌山県 | TB(0) | CM(0)

三段壁 

s-PICT2810.jpg


s-PICT2811.jpg



和歌山県西牟婁郡白浜町にあります。

断崖絶壁の三段壁。

和歌山の景勝。

写真の場所に立てば、とても足がすくみます。

上から下を覗くと下の海までは、ゆうに数十メートルあります。

高所恐怖症の人でなくてもびびることと思います。

しかし、そこから見る南紀の海の雄大な景色は絶景でした。



s-PICT2804.jpg

s-PICT2799.jpg


三段壁には下に、三段壁洞窟があります。

入り口で入場料を払いエレベーターで降りていきます。

ここの洞窟は、海水の浸食により出来たものだそうです。

今でも常に海水が入ってきているので、尚その形を変えている様です。

波が洞窟に入ってきて、打ち付けられる様はなかなか圧巻です。

入場料が1200円と若干高い気がしますが、一度位なら見ても損は無いと思います。


[2006/11/22 12:44] [旅の風景]和歌山県 | TB(0) | CM(0)

白良浜 

s-PICT2815.jpg


白良浜

和歌山県西牟婁郡白浜町にあります。

和歌山は最近、熊野古道が世界遺産に登録されて有名になりました。

けれど、以前は和歌山観光と言えば白浜と言う位、白浜が有名だと思います。

白浜と言えば、まっしろな砂浜が特徴です。

この砂浜は昔々からあり、白良浜と呼ばれています。

その呼び名から白浜と言う地名がきている事は有名です。


そんな白浜も、この白い砂浜が波に流されてしまって、砂が年々減少しています。

白浜の名物、白良浜が無くなっては困るって事で

オーストラリアからわざわざ白い砂を取り寄せて補充しているそうです。

日本では、こんなに白い砂が無い為だそうです。


確かに、日本の砂浜でもトップクラスの白さと美しさです。

何度も白浜にはきた事がありますが、いつ見ても変わらない美しさは感動します。

s-PICT2817.jpg

s-PICT2818.jpg


[2006/11/16 23:49] [旅の風景]和歌山県 | TB(0) | CM(0)

由良海釣り公園 

先日、由良海釣公園に行ってきました。

場所は、ここ。

大阪から車で空いてれば約1時間半位で行けます。
(藤井寺から約100km)

もちろんオール高速での話しですが。

海釣公園なので、まず入場料が必要です。

大人1500円、子供1000円です。


入場料を払って、園内に入ると全貌はこんな感じです。

大阪の海釣り公園は、波止からですがここはイカダの上からつります。

s-PICT2612.jpg



こんな階段をとんとん下り、イカダに向かいます。

s-PICT2613.jpg



イカダはこんな感じになってまして、ここから竿を出します。

イカダなので常に揺れています。

船酔いに弱い人は、厳しいかも知れません。

s-PICT2617.jpg



ここの釣り場は小ダイ・カサゴ・ベラ・キス・グレ・アジ・サバ・イワシ・チヌ・メバル・カワハギ・ヒラメ・サヨリ・スズキ・アオリイカ・タコ等様々な魚が釣れます。

もちろん、和歌山の綺麗な海なので、持って帰って食べても美味しいです。

私はアイゴを釣りました。

アイゴとは下の写真の魚です。背びれ、胸びれに毒があり触ると危険です。

つかむ時は必ず、トングの様な道具を使います。

引きの強さはけっこうあって、少しチヌの引きに似ています。

食いついてから、引き上げるまで結構楽しい魚です。

味の方は・・・。個性がきつ過ぎて評価が分かれる所です。

磯の匂いがきつくて、素人は無理でしょう。

私は無理でした・・・。

ちなみに、下の写真がアイゴです。

s-PICT2616.jpg



釣りをしていると、奇妙なものが海に浮かんでいたので、写真に撮りました。

下の写真です。潜水艦です。

釣りをしていてふっと沖の方を見ると、黒い物体が浮かんでいるではありませんか。

写真など映像では何度も見た事ありましたが、生で見たのは初めてだったので、少し興奮してしまいました。

s-PICT2614.jpg

s-PICT2615.jpg



さて、この釣り場は入場料が1500円と若干高いのが気になります。

しかし、それに見合うだけの魚は泳いでいました。

サビキでも、20~25cmのアジや、カツオが釣れます。

多分、ボウズは無いかと思います。

大阪で釣りに不満な人もここなら満足できます。
[2006/08/27 23:42] [旅の風景]和歌山県 | TB(1) | CM(0)
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -





気に入っていただければ・・・



ワンクリックお願いします。



ブログランキングに
参加しています

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ





閲覧制限付記事のパスワードは

管理人の苗字を半角アルファベットで入れて下さい。

(6文字になります)

非常に身内寄りの内容の為、公開を制限させて頂いています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。