FC2ブログ

pine@管理人

Author:pine@管理人
風景写真ブログが
お酒ブログになり、
時には料理ブログにもなり
現在は自転車関連の記事が
主な更新のブログです。

2012/3 TREK2.3購入

既婚。
二児の父親。







携帯でも見れます





スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

丸ごと玉ねぎ濃厚スープ 

最近はずっと自転車の記事だったんで、ここらでダッチオーブンの記事をはさみます。

先月にキャンプに行った時に、ダッチオーブン料理を作りました。

ダッチオーブンは、いわゆる「無水調理」も出来る優れものです。

「無水調理」とは、調理する時にほとんど水を使わずに、食材そのものが持っている水分のみで調理する事です。

その代表的な料理、かどうかは判りませんが、比較的簡単にできるのがこの玉ねぎスープです。




玉ねぎとベーコンを上記の様な感じで刻みます。何個かの玉ねぎは、玉のままで置いておく事がポイントの様です。
全て小さく刻んでしまうと、玉ねぎの食感が無くなってしましますからね。



ダッチオーブンに食材と、調味料としてコンソメやコショウなども入れます。

無水なんで水は入れなくて良いんですが、玉ねぎの水分が出ない内は、
鍋の底に焦げ付いてしまう恐れがありますので、焦げ付き防止の少量の水を入れます。



ダッチオーブンで使用するコンロはこれです「テーブルトップバーナー US-D」。
ユニフレーム製のカセットボンベを使用できるバーナーです。

普通のカセットコンロだと、ダッチオーブンの発する熱でボンベが爆発してしまう恐れがあります。
それを防ぐために、チューブを伸ばしコンロとボンベの距離を離しているのがこのコンロの特徴です。

まぁ、ダッチオーブン専用コンロって感じですかね。


で、弱火でとろとろ煮込む事2時間位・・・。



こんな感じになります。

この出ている水分は、全て玉ねぎから出た水分です。濃厚な玉ねぎの旨みだけが凝縮されたスープです。

スープの色が茶色っぽいのは、このスープを作る前にダッチオーブンで燻製をしまして、
その燻製の煙が鍋にこびりついていたらしく、それがスープに混ざってしまったと思われます。


見た目は茶色っぽくておやっ?って感じですが。味の方は美味しかったですよ。
これは子供にも人気が有ります。
燻製の煙が桜チップだったので、その味もしましたが、それはそれで美味しく感じましたよ。

玉ねぎとベーコンだけでこんな美味しいスープが出来るのだから、ダッチオーブンは偉大です。
調理の手間もほとんどかかってませんしね。


また、何か作りたくなってきたな~。



スポンサーサイト

煮込みハンバーグ 

またまたダッチオーブン料理をしました。

前回はポトフを作りましたが、今回は少し手を掛けた料理です。

煮込みハンバーグを作りました。

ダッチオーブンは鉄鍋なので、焼く、煮込むなど色々な調理が一つの鍋で行えます。

この、煮込みハンバーグはその特徴を生かした料理の一つでもあります。


材料は、牛と豚のミンチ(300g)、玉ねぎ(2個)、卵(2個)、パン粉、ナツメグ、塩コショウ、ジャガイモ(5個)、ブロッコリー(1房弱)、ニンジン(2本)、デミグラスソース(2缶)、トマトケチャップ(大さじ2)、赤ワイン(120ml)、水(800ml)
これで、4人分です。

081228.jpg

とりあえず、ミンチ、玉ねぎ(みじん切りにする)、卵、パン粉、ナツメグ、塩コショウを混ぜてハンバーグのネタを作ります。
混ぜる前は、玉ねぎは少し油で炒めた方が美味しくなります。

プレヒートしたダッチオーブンでハンバーグを焼きます。

後で煮込むので表面に焦げ目を付ける程度でOKです。


081228-1.jpg

ハンバーグを焼いたら乱切りしたニンジンを炒め、ワインを入れて煮詰めます。
この時、ワインの酸味を飛ばします。飛ばさないと仕上がりの味にかなり影響します。


081228-2.jpg

そして、水800ccを入れ煮上がったら、デミグラスソースをゆっくり混ぜます。

ハンバーグを入れて、煮込み開始です。

ジャガイモ、ブロッコリーは早く火が通るので後で入れます。

トータルで30分程煮込みますが、10分後にジャガイモ、20分後にブロッコリーと言った感じで入れます。


081228-3.jpg

30分経つとこんな感じに仕上がります。

ソースも煮詰まり、少し量が減っていると思います。


081228-4.jpg

いつもこんな感じで調理しています。

それっぽい雰囲気出てるでしょう?


081228-5.jpg

お皿に盛った図です。


味の方は、申し分ありません。普通に旨い。

ハンバーグは、表面に焦げ目を付けるくらいで丁度良かったです。

煮込んでも、あまり硬くなっていませんでした。

ダッチオーブン効果のお陰で、野菜も旨かったです。

ジャガイモもニンジンも柔らかすぎず、硬すぎず、丁度いい塩梅。

素材の甘さが存分に出ていました。


今回の味付けはデミグラスソースで決まっているので、不味くなる訳がありません。

味は店で出されても遜色ない位です。(少し言い過ぎました。。)

この味がキャンプ場で味わえるのなら、それは非常に楽しい食事になる事と思います。

前回のポトフも旨かったですが、今回の煮込みハンバーグが次回のキャンプのメイン料理になりそうな感じです。


ポトフ 

先日、久しぶりにダッチオーブンを使いました。

前の日曜日、子供と嫁さんが地域のクリスマス会に行った為、家に一人の状態となっていました。

子供がいる日曜日は、どっか連れて行ったり、なんじゃかんじゃと忙しくなります。

家に一人の状態の休みなんて滅多にないので、ここぞとばかりに鍋を取り出して、レシピを調べ、イオンに買出しに出掛けました。


久しぶりにイオンで買い物したのですが、イオンって何でも揃ってますね。

調味料や香草などあまり普段使用しない物を使ったりするんで(僕が知らないだけかも知れませんが)、イオンなんかに揃ってるのかなと思ってたんですが、料理の材料全てイオンの地下で揃いました。

ちょっと、イオン見直しました。


081226-2.jpg

料理ですが、ポトフを作りました。

色々料理の種類は有りますが、このポトフが一番手軽です。

上の写真の具材を鍋で炒めて、水を加えて煮るだけ。

あとは、弱火で3時間程煮込めば出来上がりです。


081226-3.jpg
上の写真が煮込む前の様子です。

081226-1.jpg
上の写真が3時間煮込んだ後の様子です。

う~ん、画像ではあまり変化がありませんね。

でも、野菜などは全てしなっとなって柔らかい状態になっています。

一応これで完成です。

ダシの色があまりいい色で無いので美味しそうに見えませんが、結構いい味します。

ウインナーの脂身が全体にしみ出ていてかつ、野菜の味も広がってジューシーな仕上がりになっています。

これを春や秋の少し夜の冷えたキャンプ場でやれば、より美味しく感じられるだろうと思います。

早くオンシーズンにならないかと願うばかりです。



ベトナム風豚の角煮ごはん 

ベトナム風豚の角煮ごはんを作りました。

最近、春になりすっかり暖かくなりアウトドアの季節だなぁと感じます。

体がうずうずする季節です。

とは言え、色々と用事や都合もあり、そうそう外で遊んで料理して・・・なんて出来ないんで、

お家で料理に落ちつく回数が増えてきています。


今回も煮たら良いだけの、簡単料理にしました。

豚バラを角切りにし、ナンプラー、しょうゆ、砂糖、酒、にんにくでたれを作り、肉と一緒に鍋に入れます。

ナンプラーで味付ける所が、ベトナム風です。

で、味がなじむまで15分ほど放置し、水を写真位まで入れます。
080420-1.jpg


で、煮ること20分で半分くらい汁が減ります。あくをとったりして、またまた20分位煮ます。

080420-2.jpg


すると、こんな感じに仕上がります。見た目は、かなり味が濃そうです。
080420-3.jpg


お皿に盛り付けると、この様になります。完成です。
080420-4.jpg


で、お味の方ですが。ラーメン屋さんのメニューにありそうな味です。豚角煮丼、350円。こんなイメージです。

こってりしているんですが、その分ごはんとよく合います。

お肉などの味が出た煮汁がまた旨かったです。

肉なしで、煮汁かけただけでもごはん食べれそうな勢いでした。

子供もがっつり食べてました。

ごはんに乗せずに、からしを付けて豚の角煮として食べても旨かったです。


火加減もそないに難しくなかったですし、下準備もほとんど無かったので、

キャンプの時にやっても楽そうなメニューでした。味も良かったし。


以上


シングルバーナー(US-D) 

080414-6.jpg


以前に、ダッチオーブンに使えるコンロがほしいなぁ・・・と言っていたのですが、

早速購入してしまいました。

思い立ったら即行動です。

ユニフレーム製の、US-Dと言うシングルバーナーです。

お値段なんと、一万円・・・。

普通のカセットコンロが安くて三千円位で売っていることを考えれば、かなりお高いです。

しかし残念ながら、ダッチオーブン使えてさらにカセットボンベを使用できて

となると他社からは販売されていません。

選択肢はこれしかなかったので、仕方ありません。


値段の事はおいといて

写真をご覧になって分かるかと思いますが、シングルバーナーにしてはかなり大きめです。

けれどカセットコンロと比較すると、通常のカセットコンロよりは小さいです。

写真右側のアルミのついたては、風除けです。

アウトドアでのコンロは、風がとっても邪魔になり火力に大きく影響するので、無くてはなりません。

ちなみに、ユニフレーム製のウインドスクリーンワイドで千五百円です。


とりあえず使おうと思い、休みの日に公園でカップラーメンを食べる時に湯を沸かしてみました。

火力は、まあまあ強い方ではないかと思います。

写真のやかんに水を満タンいれて、10分位で沸騰しました。

家のガスコンロで沸かす時間とあまり変わらないと思います。


メーカーでは、ボンベはユニフレーム製しか使用できないと書いてありますが、多分どのメーカーでも使用できます。

僕が今回使ったのも、イワタニ製のボンベです。

ただ、他社製ボンベ使用だと、メーカーの保障外になるので注意が必要です。


やはり、カチッとすれば火が付けれる、と言うのはとても楽です。

次回はダッチオーブンを使用してみようと思います。


以上






11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -





気に入っていただければ・・・



ワンクリックお願いします。



ブログランキングに
参加しています

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ





閲覧制限付記事のパスワードは

管理人の苗字を半角アルファベットで入れて下さい。

(6文字になります)

非常に身内寄りの内容の為、公開を制限させて頂いています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。