FC2ブログ

pine@管理人

Author:pine@管理人
風景写真ブログが
お酒ブログになり、
時には料理ブログにもなり
現在は自転車関連の記事が
主な更新のブログです。

2012/3 TREK2.3購入

既婚。
二児の父親。







携帯でも見れます





スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

羅臼岳 

s2-PICT1364.jpg


知床峠の展望台から見た景色。

7月に撮影した物だが、鮮やかな緑が綺麗だった。

夏場は霧が多く発生し易く、隠れ見えない事もある。

この展望台からは、国後島も見える。


関連記事
スポンサーサイト

[2005/12/29 17:26] [北海道]内陸部 | TB(0) | CM(0)

瑞兆 沢の鶴 

V40100231.jpg


ずいちょう

近所の酒屋で、1500円位で購入。


色、無色透明

匂い、すっきりとした香り。

味、口に含むと、柔らかな旨みが広がる。雑味もほとんど感じない。

  喉越しよく、スッキリしている。

  濃すぎず、薄すぎずといった、ちょうどいい塩梅。


  個人的には大吟醸と聞くと、濃厚で香りが高く

  料理と合わせるのは難しいとのイメージが強い。

  しかし、この瑞兆は香りもそんなにきつくなく

  味も、程よいこくとキレがあり、非常に料理とマッチする。



評価 ★★★★☆(味のバランスが良い)

瑞兆
純米大吟醸
○産地 兵庫県
○製造元 沢の鶴
○原材料 米、米麹
○容量 720ml
○アルコール度数 16.8度
○1400円位

旅人のサイト
http://www.geocities.jp/ta_bi_to/index.htm
関連記事

[2005/12/28 00:37] [日本酒]兵庫県 | TB(0) | CM(0)

阪神甲子園球場のカクテル光線 

s-PICT1404.jpg



今日は、酒でも北海道の話題でもない。野球の話。


最近は、ナイター中継もかなり充実されてきた。

ケーブルテレビに加入していれば、全チームほとんどの試合が見れる。

また、阪神戦の甲子園ならば、サンテレビでプレーボールからヒーローインタビューまで完全放送してくれる。

野球ファンには、もう最高だと思う。

ビール片手におつまみほお張りながら、家でゆっくり試合が観戦できるのだから・・・。


けどね、やはり野球は生で見てこそ興奮し感動するものだと思う。

歓声の臨場感、プレーのダイナミックさ、テレビでは写らないような選手のプレー

これは現場でないと、体験できない。

また、球場の生ビールがうまい。


と、まあここまでは普通なのだが、


私がやはり生じゃないと駄目だなぁと感じるが、球場の夜空に輝くカクテル光線。

テレビで見ていると、ただ明るいだけだと思う。

しかし、実際見るとこの景色と言うか、雰囲気がとてもいい。

プロ野球のナイターは、この雰囲気の中で見るべきだといつも思う。

大阪ドームにも行ったことがあるが、この甲子園には敵わない。


やはり、夜空の下で、明かりをつけて野球をやってこそナイターだと思う。


近年はどの球場もドーム化する傾向がある。

ないと思うが、甲子園だけは夜空の下でやり続けてほしいと願う。

関連記事

[2005/12/27 01:00] [旅の風景]兵庫県 | TB(0) | CM(0)

ジーマ 

V4010022.jpg


ジーマ

近所の飲み屋にて。一応、ビールらしい。

色、無色透明

匂い、甘い香り

味、口に含むと、心地よい炭酸が広がる

  ビールのような、苦さは少なく、カクテルのような甘さがある。
 
  甘いが、後味はスッキリしている。

  ビールと言うより、チューハイのラムネを飲み易くした感じ


  
  ビールとうたっている飲み屋もあるが

  個人的意見では、ビールではない。

  作り方うんぬんもあるが、

  味だけで見ると、これは果実酒だろう。

  ZIMAのHPでもそう載っているし。

  味はスッキリシャキット系なので非常に飲み易く後味がよい

  
  飲み会のしめにはよい。


評価 ★★★☆☆(飲み易い、お酒飲めない人でも飲める)

ZIMA 
ビール(果実酒?)
○原産国 中国
○製造元 クアーズ・ジャパン
○原材料 麦芽、ホップその他
○容量 355ml
○アルコール度数 4.7度
○250円位

旅人のサイト
http://www.geocities.jp/ta_bi_to/index.htm


関連記事

[2005/12/26 13:12] [ビール]海外 | TB(0) | CM(0)

コロナビール 

V4010023.jpg



日本で一番有名なメキシコ産ビール。

最近は、こじゃれたお店にはよく置いてある。


色、明るい金色

匂い、ビールの香りはするけども、かなり薄い

味、ビール独特の苦味は、あまり無い。薄苦い感じ。
  
  すっきり、シャキッとした喉ごし
  
  水みたいにごくごく飲める。 

  
  味わいと言う点では、ほとんど無いと思う。
  
  料理と合わせてと言うタイプではない。
 
  飲兵衛の飲む酒ではないので、普段は絶対に飲まない

しかし、飲み会の3次会あたりで、もう濃いお酒はいらない、

といった時には重宝している


コロナビール 
ビール
○産地 メキシコ
○製造元
○原材料 
○容量 330ml
○アルコール度数 4.6度
○320円位
関連記事

[2005/12/25 23:50] [ビール]海外 | TB(0) | CM(0)

菊姫 山廃純米  

V4010031.jpg

V4010030.jpg



色、少し黄金色がかかっている

匂い、濃醇な香り

味、口に含むとどっしりとくる。
  とろとろっとした感じで口の中に入っていく。
  飲んだ後も、香ばしさと言うか、甘濃い味が残る。
  
  飲み味は、濃厚甘口といった感じ。
 
  非常に、個性的で自己主張の強い酒。
  「どや、これが日本酒じゃー」と言わんばかりの味。

  味も匂いも個性が強いので好みが分かれそうです。
  
  個人的に甘口は苦手なので、あまり好きではありません。

  
  あまり市場に出回ず、なかなか手に入らないらしい。
  
  
評価 ★★★☆☆(原酒マッタリ系が好きな人にはいいかも)

菊姫 山廃純米 
純米酒
○産地 石川県
○製造元 菊姫合資会社
○原材料 米、米麹
○容量 720ml
○アルコール度数 16.5度
○1400円位

旅人のサイト
http://www.geocities.jp/ta_bi_to/index.htm

[2005/12/24 08:48] [日本酒]石川県 | TB(0) | CM(0)

キャンプ場でのワンカップ 

キャンプと言えば、宴会と酒が付き物だ。


キャンプをする事が好きで、

4月桜の季節から、11月紅葉の季節までやっていた時期がある。


お酒は、春とか夏であれば、冷たいビールをガンガンいっておけばいい。

しかし、秋にもなると晩は結構冷え込むので、冷たい飲物はちと辛い。

でも、寒くてもお酒はほしい・・・。


そういったときは、熱燗を呑む。


カセットコンロに鍋をのせ、お湯を沸かし、その中に、ワンカップを入れておく。

ワンカップは予め、フタを半分開けておく。これは、重要。


フタが閉まっていると、

いざ呑もうと開ける時、瓶が熱くなっている為、開けにくい。

場合によっては開ける勢いでお酒がこぼれると言う、最悪のケースにもなる。


フタを全部とってしまうと、

湯の中から取り出す時に、少しでも傾くとお酒がこぼれると言う、これまた最悪のケースになる時がある。


フタ半開なら、

上記の事が起こらない。一石二鳥である。


この時のお酒は、4合瓶や一升瓶でなく、150円程度のワンカップが良い。

温めてそのまま飲めるという利点もあるし、

燗するから、ワンカップ特有の臭みが若干消えて飲みやすくなる。

熱くて持つのが辛いといった欠点もあるが、そこはぐっと我慢。


この時のワンカップの味は、本当に旨く感じる。

量も、二本ほどあれば十分暖まるし、ほろ酔い気分にもなり宴会がますます盛り上がる。



少し晩が冷えてくる時のキャンプは、ワンカップ熱燗が最高だ。
関連記事

[2005/12/22 12:54] [日本酒]お酒について | TB(0) | CM(0)

酒の値段と味のバランス 

晩酌の為に、酒屋へお酒を買いに行くことがよくあるのだが。
行くと必ず悩む。

どれがバランスのいい酒かなぁと。

通常日本酒で

高い物なら4合瓶で、1万円以上するし
安ければ、千円以下でもある

やはり、高ければ旨いし、
    安ければ不味い。

これは当然。しかし、

1万の値段のものが、千円の値段の10倍の味かと言えば、そうとは限らない。
千円のものでも、それなりに美味しい物もある。

良いバランスとは味と値段との落とし所の事だ。

そのバランスでいつも悩むわけだが、
だいたい千円~二千円の買う。

この辺りは、だいたい値段と味のバランスが良い。
それなりに旨いし、あまり外れも無い。

この辺の値段のお酒で、旨い物に巡り合った時、

「ああ、いい酒だなぁ」

と感じる。


私が日本酒を購入する時は、

千円~二千円で旨い物を探すというのが、一つの目安になっている。
関連記事

[2005/12/21 13:25] [日本酒]お酒について | TB(0) | CM(0)

アンパンマンショップ ふらの店 

PICT1329a.jpg


アンパンマンショップ富良野店


景色が綺麗とか、飯がうまいとかではないが、印象に残っているので記しておこう。


家族で富良野に行ったときに、子供の玩具を買ってやろうと立ち寄った。
北の国からで有名な麓郷の森の近く。東京とこの富良野の二店舗しかない。


入り口には、写真の様に、各キャラクターの石像が置かれてある。

中に入るとグッズが置いてある訳だが、アンパンマン専門店と言うだけあり半端ではない。

よく、おもちゃ売り場にアンパンマンのコーナーがあり沢山の種類があるが、比ではない。
それこそ、食器、衣料品、乗り物etcと、子供の日常に使いそうなものは、何でも揃ってある。
当たり前だが全てにアンパンマンのキャラクターが書いてあるわけだ。

子供にとっては、楽しい空間だと思う。
大人が見ていても童心に戻るというか、ワクワクさせられた。

大人だけで旅行すると、絶対にこういった所へは寄らない。
けれど、子供と行くとまた違った物もみれるなぁと感じた場所だった。

関連記事

[2005/12/20 13:33] [北海道]観光地 | TB(0) | CM(0)

黒甕 くろかめ 

s2-V4010029.jpg



色、無色透明

匂い、芋のシャキッとした香り。

味、口に含むと、芋のシャープな味わいが広がる。
  しつこくなく、すきっとしていて飲み易い。
  
  これもあんまり芋臭く無い。
  個性的なな芋焼酎が好きな人にはもの足ら無いと思う
  しかし、クセが無い素直な味なので、焼酎が好きなら呑めると思う。

渡哲也のCMで有名な、宝酒造が製造元。
  その為か、コンビニなど色んな所で買うことが出来る。
 
 評価 ★★★☆☆(芋焼酎が飲みたいときは手軽に買える)

黒甕 (くろかめ)
芋焼酎
○産地 京都府
○製造元 宝酒造(株)
○原材料 芋、米麹
○容量 720ml
○アルコール度数 25度
○1000円位

旅人のサイト
http://www.geocities.jp/ta_bi_to/index.htm


関連記事

[2005/12/19 13:34] [焼酎]芋 | TB(0) | CM(0)

知床グランドホテル北こぶしの個室風呂 

PICT1368.jpg


PICT1369.jpg


以前知床に旅行に行ったとき、初めて家族風呂なるものに入った。

折角、旅行に来たのだから家族で温泉を満喫したいという思いからだった。

最近はこういった風呂があるホテルも増えてきた。


通常の大浴場ならもちろん料金は不要なのだが、家族風呂は時間制で別途料金がかかる。
まぁ、料金の所は仕方が無いと目をつぶらなければならない。

入って見ると、着替えるところがあり、その奥に風呂があるといった感じだ。

着替えるところは、4畳半くらいの小さな部屋でテレビなどが置いてあった。

その奥の風呂は上記の写真の様な感じ。
風呂桶の左奥にはテレビが設置されてあり、右の窓からはオホーツク海が望める
の~んびりと浸かることが出来る。
シャワーは写真の右側にある。
風呂桶が大きいので、大人二人と子供一人くらいなら余裕で入れた。

家族水入らずで、温泉に入るのはなかなか気持ちがよいものだ。

また、どこか旅行に行ったときは入りたい
関連記事

[2005/12/17 00:39] [北海道]観光地 | TB(0) | CM(0)

山田錦の里 実楽 

img_1168507_20426175_0.jpg



実楽

近所の酒屋で購入。1000円とお手頃価格。


色、無色透明

匂い、ほんのりと香る程度。

味、口当たりもよく、キリッとしていて飲み易い
  しかし、喉を通る時、少しだけ雑味を感じる。

全体的に、飲み易いと感じた。私的にはもう少し個性的な方が好みだ。

値段と味とを比較した場合、1000円でこれだけの味なら文句はない。


評価 ★★★☆☆(飲み易い)

山田錦の里 実楽 (じつらく)
特別純米酒
○産地 兵庫県
○製造元 沢の鶴
○原材料 米麹
○容量 720ml
○アルコール度数 14~15度
○1000円位
関連記事

[2005/12/16 23:15] [日本酒]兵庫県 | TB(0) | CM(0)

カムイワッカの滝 

img_1174885_20101313_1.jpg



北海道のお気に入りスポットの一つ。

場所は、知床半島にある。

カムイワッカ川自体が温泉で、冬になると周りは凍るが、この川だけが凍らない。

有名なのはカムイワッカ湯の滝の方だが、そこは景色も良いが、温泉がメインだろう。
また、この温泉には、沢を登っていけば歩いていくことも可能だ。

写真の様な景色を見るならば、宇登呂から観光船でなければ行けない。

私が好きなのはこちらの方だ。

こちらは、滝もさることながら、流れ込んでいく海の透明度が高くとても綺麗だ。
周りの海岸沿いも、知床ならではの景色で、ヒグマを見ることも出来る。
滝だけではなく、周りの景色のマッチングがとても美しい。
本土ではなかなかお目にかかれない景色だと思う。

宇登呂に行くならば、ぜひとも観光船に乗り半島を外から見るべきだ
関連記事

[2005/12/16 23:13] [北海道]海岸沿 | TB(0) | CM(0)

ベラージオ(の前にある池の噴水ショー) 

昼のショー

img_1165479_20383200_0.jpg


夜のショー

img_1165479_20383200_1.jpg



ベラージオとは、ラスベガスにあるホテル。豪華な造り。
映画で使われるなど、世界的にも有名なホテル。

ここの前に一周何百メートルもあろうか、大きな池がある。
その池には、多数の噴水が設置されており、数時間毎に噴水ショーがある。

上の写真は、このショーの写真。
このショーが圧巻で、通り過ぎる人を釘付けにするほどだ。
確かに立ち止まるだけのスケールはあった。
有名なので、時間に合わせて人が集まってくる。
このショーが無料で見れるのだから、ラスベガスはスケールが違う。

昼も夜もおこなっていて、違った風景が楽しめる。

たまーにテレビでも、芸能人が行ってリポートとかしているので、
放送していることがあればあればごらんになってほしい。



旅人のサイト
http://www.geocities.jp/ta_bi_to/index.htm
関連記事

[2005/12/16 23:09] [旅の風景]海外 | TB(0) | CM(0)

標津サーモン科学館(の展望台から見た景色) 

img_1174885_20349665_0.jpg


標津サーモン科学館

中標津空港のずーと東側にある。野付半島の近く。

入場料金を払って入る科学館。鮭などがの生態系などを知ることが出来る
鮭だけではなく、北海道近海の生物も水槽で展示されている。

ここには、幻の魚「イトウ」もいる。
他では幻と呼ばれているらしいが、
ここでは沢山泳いでいるのであまりありがた味を感じない・・・。

ここには、建物の一部が煙突のようにニョキっと突き出ていて展望台になっている。
そこから見る景色が良い。

北海道らしさ、という景色ではないかもしれない。
綺麗なだけならほかにもあるだろう。

写真の景色はそこから写したものだ。

一面に広がる森とその先の霞んだ地平線。森を横断する道路。どんよりとした空。
私にとっては、哀愁漂うというか、旅に来ているのだなぁと感じさせられる。

他にもいい景色の所はあるのだが、ここは何故か印象に強く残っている。

もう一度行きたい場所の一つだ。

旅人のサイト
http://www.geocities.jp/ta_bi_to/index.htm
関連記事

[2005/12/16 23:04] [北海道]観光地 | TB(0) | CM(0)

ゝ馬 (ちょんま) 

img_1168507_20320016_0.jpg


ゝ馬 (ちょんま)
ちょんまと読むらしい。近所の焼き鳥屋さんで1杯480円だった。

色、無色透明
匂い、米の香りがとても強い。袋に入った生の米の香り。
味、口に含むと、米の味わいがぶわーと広がる。
  米の味わいが強いのでアルコール臭くなく飲みやすい。

正に、米で出来た焼酎といった感じ。
個人的には、もう少し米のインパクトが弱い方が好きだ。
料理と合せたとき、焼酎が強すぎる気がする。

評価 ★★★☆☆(味なかなか、でも個人的には好みではない)

ゝ馬 (ちょんま)
米焼酎
○産地 兵庫県
○製造元 白鷹(株)
○原材料 米麹
○容量 1800ml
○アルコール度数 25度
○2000円位


旅人のサイト
http://www.geocities.jp/ta_bi_to/index.htm
関連記事

[2005/12/16 23:02] [焼酎]米 | TB(0) | CM(0)

KONA HAHANNA 

img_1165479_20238801_0.jpg



KONA HAHANNA

半年ほど前に購入したもの。通勤に使用。若干手を加えている。
いわゆるマウンテンバイクである。このMTBは本格的なものではなく、お手軽バイクらしい。
これは、4万くらいで購入したが、本格的なものは10万からする。

MTBでは、ジャイアントやルイガノ、スペシャライズドが有名。
KONAは聞いたことが無い人が多いと思う。

未だ街で他に乗っているのを見かけたことが無い


関連記事

[2005/12/16 23:01] [自転車]早朝練習 | TB(0) | CM(0)

野条 

img_1168507_20212928_0.jpg


のうじょうと読むらしい。

近所の酒屋で購入。インターネットで色々調べたが、あまり情報がない。

色、黄色っぽい

匂い、甘いく香ばしい。日本酒の臭みはあまりない

味、口に含んだ時は米の複雑な味が広がる。苦甘い味。
  飲んだ後口は、香ばしさが残る。
  麦焼酎を薄くしたような味だ。

日本酒の味としてはかなり珍しいと思う。
焼酎派の人にもおすすめだ。

評価★★★★☆(香ばしい味、それだけで呑んでもいける)

野条
純米吟醸
○産地 兵庫県
○製造元 冨久錦
○容量 720ml
○アルコール度数 15度~16度
○2000円位
関連記事

[2005/12/16 22:56] [日本酒]兵庫県 | TB(0) | CM(0)

阿寒湖とアイヌコタン 

阿寒湖

img_1174885_20209486_0.jpg



場所は、釧路の上辺り。湖畔には、温泉街。

とても澄んだ湖で、マリモの生息地。
写真を見ても、青々としているのが良く分かる。

夏にはボートで魚釣りなどが楽しめる。
冬になると一面が凍り、スノーモービルや、わかさぎつりも出来る。

夏と冬とでは、同じ場所とは思えないほど景色が違う。


アイヌコタン

img_1174885_20209486_1.jpg


アイヌコタン。阿寒湖畔にある。
アイヌ民族の集落。民芸品やアイヌ民族の生活を紹介している。
おそらく写真の場所は観光用に作られたのだと思うが
独特の雰囲気があり、私はこの情景が気に入っている。
関連記事

[2005/12/16 22:53] [北海道]観光地 | TB(0) | CM(0)

冬物語(サッポロ) 

img_1168507_20170031_0.jpg


冬物語

サッポロの冬季限定のビール。外の柄は毎年違う。今年は歌手のさだまさしの絵。


色、普通のビールと同じ。

匂い、麦の匂いが濃い。

味、サッポロ黒ラベルは、味が深く、飲んだ後のほろ苦さがある。
  この冬物語は、更に深みと苦味がある。どちらかといえば黒ラベルより濃い味だ。
  しかし、飲んだ後はほろ苦さと言うより、甘さ、ビールの旨さが残る。

  
ビールとしての味が濃いので、鍋やおでんなどの料理に大変マッチする。
自身は冬になると必ず購入する。

評価★★★★☆(冬には欠かせない)
○容量 350ml 
○アルコール度 5.5%
○原材料 麦芽・ホップ
○サッポロビール
○ビール
220円くらい
関連記事

[2005/12/16 22:49] [ビール]国産 | TB(0) | CM(0)

前田利右衛門 

img_1168507_20060952_0.jpg



とある居酒屋で、一杯ロックで550円だった。今までに見たこと無い焼酎。

色は、無色透明。
匂いは、芋独特の臭みがなく、やわらかくマイルドな芋の香り

味は、口の中に入れたときに、芋の甘い味が広がる。後味も、雑味、嫌味がなく、まろやかさが残る。
   あまり芋焼酎が好きでない人もこれなら飲めるのかも。

味は自身の好みの味。値段がリーズナブルで、毎晩の晩酌にもお勧めだ。
店で見かけたら買おう。

評価 ★★★★☆(味良い、値段安め)

前田利右衛門
○容量 1,800ml 
○アルコール度 25度
○原材料 さつまいも、米こうじ
○鹿児島県 指宿酒造協業組合
○芋焼酎
2200円くらい

旅人のサイト
http://www.geocities.jp/ta_bi_to/index.htm
関連記事

[2005/12/16 22:42] [焼酎]芋 | TB(0) | CM(0)

霧多布湿原 

img_1174885_19948869_0.jpg

img_1174885_19948869_1.jpg


旅人とブログの名前にもある様に私は、旅行をすることが大好きだ。
北は北海道、南は九州まで様々な所をオートバイで旅行してきた。

中でも、一番気に入っていいる所は北海道だ。

雄大な景色、たくさんの海の幸、キャンプ場の豊富さ、と本土ではなかなか味わうことの出来ない物が沢山ある。
また、夏と冬とでは全く異なった顔を見せてくれる。
観光名所は様々あり、札幌や小樽、函館、最近では世界遺産に指定された知床半島などが有名である。

その中でも、私が特に気に入っている所がある。上記の写真に写っている場所、「霧多布湿原」だ。
場所は、釧路の東側にあり、厚岸の近くにある。

北海道の湿原といえば、釧路湿原の方が一般的であり、ガイドブックなどにも大きく紹介されている。
確かに湿原としては規模が大きいし、景色もきれいだ。
しかし、私は「霧多布湿原」の方が好きだ。
写真を撮影した所は「琵琶瀬展望台」からだが、そこから見た景色がお気に入りだ。
名前にもあるように、その周辺はとても霧が多く発生する所だ。

私が見たときも霧がかかっていた。
しかし、その霧の中かららくねくねとした川、そしてぽつぽつと民家が見える。
奥には北海道の山々がうっすらと見える。後ろを振り返ると太平洋の雄大な海が見える。

その時の風景がとても幻想的で日本にいる様には思えないほどだった。

残念ながらその時の幻想的な写真はないが、ずっと心の中に残っている。

北海道を訪れる機会があれば、ぜひ寄ってほしい所だ
関連記事

[2005/12/16 22:38] [北海道]内陸部 | TB(0) | CM(0)

いいちこフラスコボトル 

img_1168507_19777906_0.jpg


私は自他共に認めるお酒好きである。
ビール、ワイン、ウイスキー、日本酒、焼酎、etc・・・
一般的なアルコール類では、飲めないものは無い。

ほぼ毎日晩酌しているので、年間結構な量と種類のお酒を飲んでいることになる。
その中には、うまい!!とうなるものからまずいものまで様々だ。
せっかく、色々なお酒を飲んでいるので、ただ飲みっぱなしでは勿体ない。
そこで、今後の自分への参考にもなるので、評価と共にに記していきたい。
(評価は、自身の感覚だけで書いている為、一般的ではない部分もある)



今日は「いいちこフラスコボトル」。


知り合いに、珍しいからお酒好きの君にプレゼントしようということで頂いたものだ。

後で値段を調べると2500円とあった。通常のいいちこなら800円程度。

色は、無色透明。
匂いは、通常のいいちこのアルコール臭をマイルドにした感じ。
(通常のいいちこはアルコール臭がキツイ)
味は、しいていえば甘口かな。すっと喉を通る。のみやすいいいちこといった所か。くせはあまり無い。

味は悪くないが、晩酌として飲むには2500円という値は少し高い。
デザインが面白いので、プレゼントやパーティ等には向いてるかも。

評価 ★★★☆☆(味そこそこ、値段少し高い)


いいちこフラスコボトル
本格焼酎 麦焼酎
○産地 大分
○製造元 三和酒類(株)
○容量 720ml
○アルコール度数 30度
○2500円


旅人のサイト
http://www.geocities.jp/ta_bi_to/index.htm

関連記事

[2005/12/16 22:31] [焼酎]麦 | TB(0) | CM(0)

ブログ開設 

旅人 ブログ開設しました。

開設と言いますか、他のブログからの引越しです。

制限が色々と有り、やり始めていくうちに、
もう少し色々出来たらなぁと思いこちらに来ました。

よろしくお願いします。

追記
初めのいくつかの記事は前のブログのものをそのまま持ってきています
[2005/12/16 22:14] [その他]初めの挨拶 | TB(0) | CM(0)
11 | 2005/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31





気に入っていただければ・・・



ワンクリックお願いします。



ブログランキングに
参加しています

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ





閲覧制限付記事のパスワードは

管理人の苗字を半角アルファベットで入れて下さい。

(6文字になります)

非常に身内寄りの内容の為、公開を制限させて頂いています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。