FC2ブログ

pine@管理人

Author:pine@管理人
風景写真ブログが
お酒ブログになり、
時には料理ブログにもなり
現在は自転車関連の記事が
主な更新のブログです。

2012/3 TREK2.3購入

既婚。
二児の父親。







携帯でも見れます





スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

函館山からの景色 

函館は、北海道の南側にあります。

本州からの南の玄関口とも言われているそうで。

函館は、坂や五稜郭、函館山、教会などが有名です。

また、ミートハウスというライダーの間では有名な、ライダーズハウスがあります。

函館を訪れたライダーなら一度は泊まったことはあるのではないでしょうか。

ここミートハウスは、長期滞在者が結構います。

その人たちは旅人と言うより函館住人と化しています。

もはや、旅人ではありません。



それはさておき。

下の写真は函館山からの景色です。


s2-hakodateyama.jpg



夜景は、テレビなどで誰もが一度はみたことがあると思います。


hakodate2.jpg



ここの夜景は、光量としては、神戸とか大都市には劣ると思います。

けれど、函館山は山頂が低いので夜景を間近に見ることができます。

そして、函館の扇の様な地形も手伝って他では見ることの出来ない景色になっています。

函館山周辺の地図

六甲山や生駒山からの夜景も綺麗ですが、この海と陸と一体になった夜景は函館ならではでしょう。

<写真資料 北海道無料写真素材 DO PHOTO>

<写真資料 gyoshin world.com>
関連記事
スポンサーサイト

[2006/02/28 15:30] [北海道]観光地 | TB(0) | CM(0)

更新停滞 

更新が滞っております。

先々週に我が子の誕生。

先週に、我が友の結婚式

と忙しくて更新の余裕がありませんでした。

お祝い続きで私にとっては、嬉しい忙しさでしたが。

ようやく落ち着いたのでまた更新していきたいと思います。

更新を期待している方、興味の無い方、このブログの存在すら知らない方、どうでもいい方・・・

皆さん方、もうしばらくお待ち下さい。
関連記事

[2006/02/28 13:00] [その他]お知らせ | TB(0) | CM(2)

霧多布岬 

s2-kiritapppumisaki.jpg


霧多布岬

霧多布については、過去の記事で

霧多布湿原琵琶瀬展望台
霧多布湿原トラスト

と記してありますので興味のある方はどうぞ。


霧多布岬は、正式名称は湯沸岬というそうです。

地図など見てみるとそう書いてあります。


この岬は、断崖絶壁の崖が入り組んでいます。

また、写真でもわかるようにほとんど建物がありません。

あまり観光地化されていない、自然のダイナミックな景色が望めます。

ここはあまり訪れる人も少なく静かでよいです。


ここにはキャンプ場もあるのですが、朝起きたとき岬に、霧の様な朝靄の様なものがかかっていて、とても幻想的な景色になります。

霧多布岬は霧と岬の景色がコラボレーションされたとき、すばらしい景色になります。

<写真資料「北海道無料写真素材 DO PHOTO>
関連記事

[2006/02/21 13:15] [北海道]海岸沿 | TB(0) | CM(0)

旭山動物園 

旭川市旭山動物園

旭川駅から、車で約30分位の場所にあります。


続きを読む
[2006/02/18 14:54] [北海道]旭山動物園 | TB(0) | CM(0)

白夜行第六話 

白夜行第六話を見た。

先週、やっと古賀の出番が増えるぞーと思い喜んでいて
今週からどうやって亮司らを追い詰めるんだろうと期待していたのもつかの間、
あっさり殺された。

まさか、松浦にやられるとは。


今週は、今後を連想させるシーンが幾つかあった。


篠塚御曹司の雪穂への態度が変だった。

雪穂が事件を知っている人間だからと言う訳ではなく
事件に関わってるのではと勘付いているかの様な態度だ。

篠塚は雪穂の性格を理解しているから判ったのだろうか。

なんにせよ、篠塚は重要人物となるのだろう。


養命酒と睡眠薬。
どうするつもりなんだろう。
この義母も雪穂の過去を知っている人物だから、邪魔な存在と思っているかもしれない。

そうなると、やはり殺すのか。

しかし、もし殺したら雪穂にも疑いがかかるからそんな事はしないか。
う~ん、眠らせといてその間に金でもくすねるつもりかな。
でも、何かあるのだろう。


見ていて感じるのだが、罪を重ねるにつれてお互いが判りあっている。

先週までは、お互いに信じられなくなったり、衝突したりしたが、

今回松浦の事件により再確認した様だ。

罪の深さと共に、愛も深まる・・・。

愛を再確認した二人は、より一層自分たちの目的の為に、周りを犠牲にしていくのだろう。

来週からは、西田尚美の登場と、雪穂の結婚とまた話が大きく展開しそうだ。

関連記事

[2006/02/17 15:39] [TVドラマ]白夜行 | TB(0) | CM(0)

沈下橋 四万十川 

chinka2.jpg


沈下橋

四国は高知県四万十川。

沈下橋は、その四万十川流域に40数本架かっています。

上記の写真のように、一般の橋に比べて非常に水面に近い。

これは、川が増水時に橋が沈むようになっている為だそうです。

増水して橋が沈んだ時に、流れてきた物が引っ掛らないように欄干がありません。

これがこの橋の特徴でしょう。

実際に、通過してみると結構怖いです。

私は単車通ったので十分に余裕がありましたが、欄干がないと安心感がないのでビビリます。

写真の様に車で走ると、いっぱいいっぱいです。

chinka1.jpg


所々にすれ違う箇所がありますが、こんなところで対向車が来たらぞっとします。

chinka3.jpg


この沈下橋は、周辺住民の生活の橋として利用されているのはもちろん、子供の遊び場としても使われています。


四万十川周辺の風景は、沈下橋を含め何か懐かしい田舎の匂いを感じさせてくれます。


< 写真提供 デジタル楽しみ村 http://www.tanoshimimura.com/ >
関連記事

[2006/02/16 11:41] [旅の風景]四国 | TB(0) | CM(2)

かすみつる 香住鶴 

s2-kasumi2.jpg       s2-kasumi1.jpg


かすみつる

友人のあるカバゴンから、城崎のお土産として頂いた物

香住鶴は、兵庫県の日本海側ではかなり有名です。

色、無色透明

匂い、若干のアルコール臭。

味、初めに甘さが来て、その後に酸味が来る。

  ちょっとクセがあるが、飲みにくい訳ではない。


日本酒特有の甘さと酸味がある。らしさがあって良い。

今回は常温で飲んだけど、この酒は燗をした方が香りが立って、美味しく飲めると思う。

ぐいぐいっと飲むより、するめなんか食べながらちびちびやるタイプのお酒。

評価 ★★★☆☆(日本酒らしい)

かすみつる 香住鶴

○産地 兵庫県
○製造元 香住鶴㈱
○原材料 米、米麹
○容量 300ml
○アルコール度数 15度~16度
○精米歩合 55%
○600円位

関連記事

[2006/02/15 11:57] [日本酒]兵庫県 | TB(0) | CM(0)

オシンコシンの滝 

s2-oshinkoshinnotaki.jpg


オシンコシンの滝

斜里とウトロの間の道路沿いにある。

途中から流れが2つに分かれていることから「双美の滝」とも呼ばれています。

上の方からも見ることが出来たはずで、そこからの景色も良いと聞きます。

近くから見ることが出来るので、滝の水しぶきが霧の様に掛かりますが夏に行くとなかなか気持ちよかったりします。

またこの滝は、冬になると凍るのでその姿も圧巻です。

大きな落差がある滝ではありませんが、見ごたえはあります。

<参照資料「北海道無料写真素材 DO PHOTOhttp://photo.hokkaido-blog.com/
関連記事

[2006/02/12 23:50] [北海道]海岸沿 | TB(0) | CM(0)

六花亭 

s2-PICT1336.jpg


六花亭

北海道のお菓子の土産の代表格と言えば
札幌の白い恋人、帯広のマルセイバターサンドでしょう。

上の写真は、マルセイバターサンドを売っている、六花亭です。

帯広には直営店が3店あり、本店、西3条店、帯広店とあります。

写真は、西3条店です。

ここは、2000年の1月にオープンしたそうです。
重厚なレンガ作りの建物は、絵画や美術品などを扱ってそうですが、お菓子やさんです。

ここは、駐車スペースが広くあり、たしか20台は止めれたと思います。
車で行っても、大丈夫です。

2階に広々とした喫茶ルームがあり、ここで売っているお菓子を食べる事もできます。

六花亭には、バターサンドだけでなくケーキなどの洋菓子を売っています。

このケーキが、甘すぎず、しつこくなく、あっさりしていて
大変美味しかったです。

六花亭は、バターサンドのイメージが強いですが、ケーキもかなりいけます。

六花亭行ったならば、土産を買うだけでなく、喫茶ルームでケーキを食べる事をお勧めします。

s2-marusei.jpg


これが、有名なマルセイバターサンドです。

マルセイって、丸の中に成って書くんですね。
今までパッケージをじっと見たことがなかったから、知りませんでした。

<参照資料「北海道無料写真素材 DO PHOTOhttp://photo.hokkaido-blog.com/
関連記事

[2006/02/11 15:52] [北海道]観光地 | TB(0) | CM(0)

車検 

先月、車の車検がありました。


続きを読む
関連記事

[2006/02/10 01:30] [その他]車 | TB(0) | CM(0)

白夜行 第五話 

白夜行 第五話を見た。


罪に罪を重ねていくが、今回も罪を犯した。

しかし、今回は高校時代の時と比べ、意味合いが違う。

高校時代は、過去がばれる事を恐れ、それを防ぐ為にやった。

今回は、言うならばただの嫉妬だ。

犯罪を自分を守る為でなく、攻める為に利用している。


前回までは、過去を封印し強く賢く生きる雪穂だったが

今回から、同僚に嫉妬したり松浦を利用したりと感情的になってきた。


生きていくことに対して、だんだんと欲が出てきた。

自分を抑え感情を抑え生きてきたが、篠塚という人間に巡り会い

もっと自分の流れを作って生きたいと考える様になってきている。


それを亮司にぶつけ、亮司もそれに応えていく。

雪穂は、亮司に全幅の信頼を寄せているからあそこまで言えるんだろう。

何だかんだ言いながら、結局二人は深いところで繋がっているんだ。


今回見て、改めて感じた。



今回から、やっと田中幸太朗の出番が増えてきた。

ただ単に武田鉄矢の相棒ではないと思っていたけど。

どういった目線で雪穂と亮司を追い込むのか楽しみだ。

関連記事

[2006/02/09 23:30] [TVドラマ]白夜行 | TB(0) | CM(0)

白樺とバイク 

sirakaba.jpg


信州に、ツーリングに行ったときの写真。

白樺の間を走るバイクの絵が綺麗だったので、撮影してみました。


白樺は信州に限らず高原などにいくとよく見られます。

高原は空気が澄んでいて、ツーリングをしていても大変気持ちがいいです。


北海道の大きな真っ直ぐな道を走るのも良いですが、

信州の澄んだ空気と木々の中を走るツーリングも良いもんです。
関連記事

[2006/02/08 23:46] [旅の風景]長野県 | TB(0) | CM(0)

野沢温泉 麻釜 

nozawasupa.jpg


野沢温泉

長野県と新潟県の県境に近い所にあります。

大規模なスキー場と、温泉が有名。

スキーが出来なくても、温泉だけ入りに行っても十分に満喫できます。

温泉は、外湯が何ヶ所かあり無料で入浴できるはずです。


写真は、温泉の源泉の一つで、麻釜と呼ばれています。

夕日と湯気が綺麗だったので撮影してみました。

普通、源泉と言えば沸いてるだけでそこで何かをするということはないが、野沢温泉では地元の人々が源泉で山菜や野菜をゆで、野沢菜を洗うなどして利用され生活上でも欠かせないものとなっているそうです。

実際、私が行った時も、地元の方が源泉を利用して何かされてました。


また、ここは、野沢菜漬発祥の場所です。

野沢菜漬といえば、長野県のお土産で有名ですが、ほんとにおいしい野沢菜漬はここでしか買えません。

よく、ドライブインなどで発泡スチロールなどに入った野沢菜漬を見かけますが、あれは美味しくありません。
長持ちさせる為に、保存料などが入っており変な味がします。
あれは、バッタもんだと私は思っています。

野沢温泉で売っているやつは、ビニールのパッケージに入っていて、賞味期限が短いです。余計なものが入っていないのでしょう。

野沢菜の甘さと、微妙な塩加減が抜群です。

野沢菜漬は、現地で買うに限ります。
関連記事

[2006/02/07 00:45] [旅の風景]長野県 | TB(0) | CM(0)

春鹿 立春の酒 

imanisi1.jpg     imanisi2.jpg


春鹿 立春の酒

2000本の立春限定商品

2月4日金曜日の立春の早朝に蔵元で搾ったばかりの酒

旧正月を祝う酒らしい。

ちなみに私は、2月5日に飲んだ。


色、無色透明

匂い、スッキリした中に、ほんのり甘く香る

味、クセがなく、口当りも非常に良い。

  ふんわりした味わい。

  うっすら旨口。


スッキリしてるのだけど、僅かな甘さがあって非常にまろやか。

搾りたては、もっとトゲトゲしてると思ったけど、全然しない。

単純に、飲みやすい。


評価 ★★★★☆(搾りたては旨い)

春鹿 立春の酒

○産地 奈良県
○製造元 (株)今西清兵衛商店
○原材料 米、米麹
○容量 720ml
○アルコール度数 17度~18度
○精米歩合 55%
○1400円位
関連記事

[2006/02/06 23:51] [日本酒]奈良県 | TB(0) | CM(0)

白夜行 第四話 

白夜行も第四話まで話が進んだ。

山田孝之も綾瀬はるかも、期待通りの演技で、なかなか良い。

山田孝之は、泣きの演技をやらせたらホント上手い。

泣き方の強弱と言うのかな、ワァーと泣いたり、ツーと涙を流してみたり、シーンの状況において色々演じ分けている。

そして、煮え切らない男の演技。

亮司は、自分の死亡届を出すまでは、犯罪者としての負い目みたいなのがあってか、どうもはっきりせんかった。
その辺の、心の動揺、不安、葛藤などの表現が非常に上手い。


さて話の展開としては、

亮司は法律上死亡した事になり、雪穂の為だけに生きていき、影から支えて行く事を選んだ。

雪穂は、そんな亮司に感謝しつつも、自分の人生を歩み始めている。

今までは、お互いに暗い闇の中を生きてきたが、雪穂は太陽のある方に進み、亮司は影の場所で生きていくことになる。

こうなると、もう二度と太陽の下を歩くことは出来ない。

最後には亮司が死ぬことになるが、今後どんな展開になっていくのだろうか。

ドラマの中に、いくつかのポイントがあった様に思う。


雨。

父親殺人の時と雪穂と亮司が結ばれた時(ホントに結ばれたかどうかは分からない)
この2シーンを対比させた表現になっているので、何か意味がありそうだ。
ナレーションで亮司も言ってるし。


ダンス部。

数あるクラブの中から、なぜダンス部なのか。
それと、「ダンスのひとつでもできなければ・・・」という壁の落書きが何度も、映されている。
今後の雪穂の生き方に影響するのかな?


御曹司の風と共に去りぬ。

なんでこいつも持ってるんだろうか?ただの偶然か?


これらが、後で何らかの意味をなしそうな感じです。


人間関係も複雑になりそうなのでその辺も注目です。
関連記事

[2006/02/05 02:05] [TVドラマ]白夜行 | TB(0) | CM(0)

枚岡公園 

s-PICT1646.jpg


枚岡(ひらおか)公園

生駒山系の中腹ぐらいに位置する公園で、東大阪市にあります。

敷地内は大変広く、散歩などするのにはうってつけの場所です。

また、梅や桜の名所でも有り、シーズンになると沢山の見物者が訪れるようです。

上の写真は、そこから撮ったもので、大阪平野の景色が見えます。

写真の、右端に見えるのが阪神高速東大阪線で、奥の方にあるビル群が大阪市内の中心部です。

景色が良いと、遠く淡路島まで見えるそうです。

生駒からの景色は、信貴スカイラインの公園から見る景色の方が良いですが、ここからの景色もなかなかのものです。
関連記事

[2006/02/04 15:44] [旅の風景]大阪府 | TB(0) | CM(0)

亀の尾で作った純米吟醸酒 (福の友) 

s-V4010005.jpg s-V4010006.jpg

亀の尾で作った純米吟醸酒 しぼりたて生

平成18年1月産の出来立てほやほやの新酒。

亀の尾という米を使っている。


色、無色透明

匂い、やわらかな香り。

味、香りとはうらはらに、新酒独特の辛さと言うか、尖ったツンツンとした味。

  それでいて、後からまろやかな味わいが口に広がる。

  喉越しはスッキリしていて後に引かない。


亀の尾は、以前に飲んだこともあり、まろやかで飲みやすい印象があった。

このしぼりたて生は、まろやか+熟成されていない生き生きとした味が重なりあっている感じ。

日本酒の躍動感の様な物を感じた。この感覚は、しぼりたて生でないと感じることはできない。

生と普通でこんなに味が違うものなんだと実感した。

評価 ★★★★☆(やっぱり、生やがな)

亀の尾で作った純米吟醸酒 (福の友)

○産地 秋田県
○製造元 福の友酒造(株)
○原材料 米、米麹
○容量 720ml
○アルコール度数 17度~18度
○精米歩合 55%
○1700円位
関連記事

[2006/02/04 00:12] [日本酒]秋田県 | TB(0) | CM(0)

白夜行 

先日、世界の中心で、愛をさけぶにはまっていると書いた。

セカチューの主人公は、山田孝之と綾瀬はるかで今人気の若手俳優である。


今、この二人が共演しているドラマが放送されている。

それが、白夜行だ。


原作は見ていないので、新鮮にドラマ白夜行として私は楽しんでいる。

巷では、原作とドラマとではどこどこが違うとか、綾瀬はるかでは雪穂の冷たいキャラに合わないとか色々意見がある様だ。

原作とドラマを比較するのは、私は野暮だと思う。

ドラマは、原作を読んだ脚本家、演出家のイメージを肉付けして、

更に新しいストーリとして作られているので原作と違うのは当然だろう。

脚本家 森下佳子の白夜行として見ると面白いと思う。


そして、セカチューで、素晴らしい演技を見せていた二人が

題材が変わってどんな演技を見せてくれるのか注目している。

前回は高校生の純愛だったが、今回はどんなかたちの愛を見せてくれるのか楽しみにしている。






関連記事

[2006/02/03 00:50] [TVドラマ]白夜行 | TB(0) | CM(0)

層雲峡氷爆祭り 

s2-hyoubakumatasuri.jpg


s2-hyoubakumatsuri2.jpg


<参照資料「北海道無料写真素材 DO PHOTOhttp://photo.hokkaido-blog.com/

層雲峡氷爆祭り

層雲峡。旭川と網走の間に位置します。

ここは温泉街で、冬になるとイベントとして雪の祭りが行われます。

それが、氷爆祭りです。

雪の祭りと言えば、札幌雪祭りや旭川の祭りなどが有名ですが、

ここの雪祭りもなかなか良いです。

様々な雪像や雪で作った建物、モニュメントなどがあります。

写真の様に、夜になると、色々な光で雪像がライトアップされ見ごたえ抜群です。

幻想的な世界を見ることが出来ます。


冬の北海道は、温泉街や観光地にいくと、
こういった祭りや催し物を行っている事が多いので、夏とは違った楽しさ、発見があります。


関連記事

[2006/02/02 12:46] [北海道]イベント | TB(0) | CM(0)

宗谷岬 

souya.jpg


宗谷岬

日本最北端の岬。

写真に写っているモニュメントが、岬のシンボルとなっている。

日本最北端と言うだけで、他には何も無い。雄大なオホーツク海があるだけ。

華やかさは無く寂しさが漂う場所だが、その分最北端を肌で感じることが出来る。


北海道旅行は、札幌や函館など街を観光するのもありですが、

らしさを感じれる場所は、都会ではなくこういった自然の場所だと思います。

s-souyamisaki.jpg

参照資料「北海道無料写真素材 DO PHOTOhttp://photo.hokkaido-blog.com/

関連記事

[2006/02/01 00:43] [北海道]海岸沿 | TB(0) | CM(0)
01 | 2006/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -





気に入っていただければ・・・



ワンクリックお願いします。



ブログランキングに
参加しています

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ





閲覧制限付記事のパスワードは

管理人の苗字を半角アルファベットで入れて下さい。

(6文字になります)

非常に身内寄りの内容の為、公開を制限させて頂いています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。