FC2ブログ

pine@管理人

Author:pine@管理人
風景写真ブログが
お酒ブログになり、
時には料理ブログにもなり
現在は自転車関連の記事が
主な更新のブログです。

2012/3 TREK2.3購入

既婚。
二児の父親。







携帯でも見れます





スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ラスベガス 




今日は、ラスベガスの風景を1枚。

ラスベガスといっても、華やかな風景ではありませんが。


これは、パリスホテルのエッフェル塔から撮影したものです。

真ん中のホテルがシーザーズパレスで、左にあるのがベラージオです。


ラスベガスといえばカジノやショーなどで有名です。

しかし、写真の奥にも写っている様にラスベガスは砂漠の真ん中にあります。

こうやって高い所から見ると、その様子が良く分かります。

大自然の中にポツーンとある訳です。


カジノやショーなどもも良いですが、展望台からみる大自然もなかなか良いもんです。
関連記事
スポンサーサイト

[2006/03/31 12:57] [旅の風景]海外 | TB(0) | CM(0)

大井下水処理場 北側の桜-4 




大井下水処理場 北側の桜-4

最近この写真が多いですが・・・。

桜は一日一日で様子が変わるので観察しているとなかなか面白いです。

二、三日経っただけでも大分と花が咲き始めています。

060330-2.jpg


日の良くあたる場所と、そうでない場所では、花の開く速度が異なる様です。

以上

関連記事

ツーリングとテント 




ツーリングとテント。

バイクでツーリングする時は、ほとんどがキャンプです。

つまり、テントで寝ます。

その時に、どんなテントを使うかは大きな問題です。

ツーリング用のコンパクトなテントか、キャンプ用の大きなテントかを。


たいがいのライダーはツーリング用を使っていると思います。


ツーリング用のコンパクトにたためる二人用のテントがありますが、あれはどうもいけません。

旅をしている間は、ずっとバイクに跨り、風を受け走ります。

キャンプ場に着く頃には、疲労困ぱいです。

そんな時に、狭いテントでは十分に休息し明日に備える事はできません。

中で宴会でもしようものなら、到底無理です。

そして、設営もポールを通したりして意外と時間がかかります。


ですから、私の場合は写真の様な大きなテントをバイクに積みます。

一応、四人用です。まぁ、二人で丁度いい位ですが。

たたんでも大きくて邪魔になりますが、テント内で過ごす快適な空間を考えれば問題ありません。

中で鍋もできますし、宴会もできます。

またこのテントは、ワンタッチ式なのでポールとシートが一体になっています、その為ものの五分程度で設営できます。

疲れているときは、設営も億劫ですがこれならかなり楽です。


少しくらい大きくても、バイクには積む事は出来ます。

積むことが出来れば、後はバイクが運んでくれるので、大きくても小さくても問題ありません。

ツーリングに行くときは、コンパクトに収納できるツーリング用テントより、キャンプ用の大きなテントがいいと思います。
関連記事

[2006/03/29 16:11] [旅の風景]四国 | TB(0) | CM(0)

大井下水処理場 北側の桜-3 

0628-1.jpg


昨日あたりから、ぼちぼち花が開き始めました。

気象庁によると、昨日の時点では大阪は未だ開花宣言はされていないようです。

藤井寺市大井地区は、昨日開花宣言です。

0628-2.jpg


まだ、一部咲きと言ったところでしょうか。
関連記事

黒霧島 

s2-V4010003.jpg


黒霧島

近所のディスカウントストアで購入。


10年ほど前、九州に旅行に行ったとき、どこかのイベントで黒霧島の試飲がありました。

当時は、「なんじゃ、この酒は。芋臭くって飲めるかいな。」と思っていました。

それが、今ではこの芋臭さが旨いとか思っているから、人間の舌はだんだん変わっていくものだなぁと感じました。

味覚が変わったのか、アルコールで麻痺してきたのかは、判りませんが・・・。


さて、味のほうですが。

飲むと、まろやかな芋の味が口全体に広がります。

喉越しは、するっとはいきませんが、通りにくくもありません。

程よい感じです。

匂いも、程よい芋の香りが漂います。

割と飲みやすく、無難な芋焼酎だと思います。



黒霧島

○産地 宮崎県
○製造元 霧島酒造
○原材料 さつまいも、米麹
○容量 1800ml
○アルコール度数 25度
○1500円位
関連記事

[2006/03/27 17:31] [焼酎]芋 | TB(0) | CM(0)

有難う御座います 

おかげさまで、このブログもカウンターが1000を超えました。

超有名ブログに比べると1000なんて一日でカウントする数ですが、私にとっては嬉しいかぎりです。

それもこれも、日頃ご覧になられている皆さんのおかげです。

ありがとうございます。


去年の12月16日に開始して、はや3カ月が過ぎました。

いつまで続くか判りませんが、やる気の続く限り更新していきたいと思います。


今後とも、よろしくお願いします。
関連記事

[2006/03/26 11:45] [その他]お知らせ | TB(0) | CM(2)

大井下水処理場 北側の桜-2 

06224-2.jpg


ここ数日、朝はまだまだ冷えていますが、昼間はだいぶ暖かくなりました。

昼間は、随分と春の陽気を感じる事が出来ます。

先日紹介した桜ですが、少し変化が出てきました。

最近の暖かさで、少し花びらが顔を出してきた様です。


06224.jpg


場所によっては、まだまだの所もありますが、よく日のあたる場所は少しずつですがピンク色が見えてきています。

06224-1.jpg


全体像は、まだまだです。

この陽気が続くと来週の週末あたりが見ごろになるかもしれません
関連記事

白夜行 第十一話 

白夜行 第11話を見た


続きを読む
関連記事

[2006/03/24 14:47] [TVドラマ]白夜行 | TB(0) | CM(0)

四万十川 

s-simanto1.jpg


四万十川。四国は、高知県。

日本最後の清流と呼ばれいています。

確かに、そう呼ばれる程の美しさがあります。

また、四万十川は川だけでなく、周りの自然もとても美しいです。

こういう場所に行くだけで、自然と心が安らぎます。

いま流行の癒しです。マイナスイオンたっぷりです。

s-simanto2.jpg


無駄な建物の無い自然の景色は最高です。


関連記事

[2006/03/23 15:30] [旅の風景]四国 | TB(0) | CM(0)

大井下水処理場 北側の桜 

桜も場所によっては、すでに開花宣言がされた所もあります。

全国各地、桜の有名な場所は多々あると思います。

そんな有名所はさておき、地元の桜の綺麗な場所を紹介します。

この場所は、未だ咲いてませんが、

満開になるまでの桜の景色の変化を記していきたいと思います。

場所はここ

大阪府藤井寺市大井。

ちょうど、処理場の北側の道です。

私の、通勤コースです。

s2-06321-1.jpg


これが、下水処理場です。大井ふれあいらんどとも言います。

s2-06321-2.jpg


北側に、250m位の直線があり、そこに桜の木がずら~っと立っています。


s2-06321-3.jpg


いまは未だつぼみの状態です。少し、ピンボケしてますが・・・。

これが満開になると非常に綺麗です。

ここの、満開日は何時になるでしょうか。

変化があれば、また写真を載せたいと思います。


笠置の満開日も気になる所ですが・・・。
関連記事

[2006/03/22 08:33] [旅の風景]藤井寺 | TB(0) | CM(0)

野猿 

野猿。

四国は徳島県三好市。旧西祖谷山村にあります。

先日紹介した、かずら橋のすぐ近くです。

これは、人や物が渓谷を渡る為に設置されています。

渓谷じゃなくても、川などにも有るようです。

下の写真の様に、ロープが張ってあり、そこに籠が付いているシンプルな物です。

この籠を動かすには、中央に通っているロープを手繰って行きます。

人力です。

s-kyaen1.jpg


向うの方から。


s-kyaen2.jpg


真ん中のロープを手繰り。


s-kyaen3.jpg


渡ります。


大人二人が乗ると、動かすのに少し力が必要です。

感覚としては、公園に設置してある遊具のようで
けっこう揺れたりして、楽しめました。


橋を作るとなると大変ですが、こういった形なら比較的安易に作れるので、川がある場所では重宝していたのでしょう。

たしか、野猿は奈良県の十津川村にもあったかと思います。
そこの野猿も、こんな感じでした。

以上
関連記事

[2006/03/21 17:05] [旅の風景]四国 | TB(0) | CM(0)

明石海峡大橋 

s-setooohasi.jpg


明石海峡大橋

平成10年に開通した世界最長の吊橋。

当然の如く、谷瀬の吊橋も、祖谷のかずら橋も足元にも及びません。

神戸市の垂水と淡路島の津名間に架かっています。

全長が3991Mで、橋げたの支間長は1991Mです。

この支間長が世界最長だそうです。

あんまりピンときませんね。


写真の景色は、淡路島側から撮影したものです。

対岸に写るのが、神戸市側です。


巨大な吊橋をこうやって見ると、

橋というよりも、芸術アートといった感じを受けます。

空と海と陸とがマッチして、とても美しい景色です。


夜になると、様々な色でライトアップされてこれまた美しいです。

神戸市側からだとマリンピア神戸から見るといい感じだと思います。


渡らなくても、見ているだけで満足できます。

関連記事

[2006/03/20 08:00] [旅の風景]兵庫県 | TB(0) | CM(0)

祖谷 かずら橋 

s-kazura2.jpg


祖谷 かずら橋

四国は徳島県三好市。旧西祖谷山村にあります。

シラクチカズラを利用して作られている為に、そう呼ばれています。

安全の為、三年に一回は架替えが行われるそうです。

国・県指定重要有形民俗文化財にも指定されています。

平家が戦いに敗れて、源氏が追ってきたときに橋を渡れなくする為、切断し易い様に、この様な形になったという伝説もあります。

あくまで伝説で、本当かは定かではありません。

s-kazura1.jpg


長さ45m・幅2m・水面上14mで先日記載した谷瀬の吊橋よりかはスケールは劣ります。

しかし、全て木や蔓で作ってあるので、ちぎれやしないか心配になります。

また、長さは45mしかないのですが、意外とよく揺れます。


s-kadura3.jpg


そして、足元の木の間隔が大きいので足がはまって落ちないかドキドキします。

小さいクセに割と渡るのにビビリます。


全て木や蔓で出来ているので、他ではお目にかかれない橋です。

橋の観覧料が500円と有料ですが、お金払ってでも見る価値はあります。
関連記事

[2006/03/18 08:00] [旅の風景]四国 | TB(0) | CM(0)

白夜行第十話 

白夜行第10話を見た。

今回も人が死んだ。


続きを読む
関連記事

[2006/03/17 08:00] [TVドラマ]白夜行 | TB(0) | CM(0)

谷瀬の吊橋 

6kyanpu.jpg


奈良県は十津川村。

谷瀬の吊橋。

五条から、168号線を南下した所にあります。


このつり橋は日本最長の鉄線の吊り橋で、高さ54m、長さ297mあるそうです。

中央部に幅約80cmの板が敷いてあってその部分を歩きます。

一応、落ちないように網で囲ってありますが、下を見て歩くとかなりビビリます。

高所恐怖症の方は、無理です。心臓に悪いです。


この橋は、地元の方の生活道路にもなっています。

そして、原付やカブなど平気でこの橋を渡ります。
我々から見ると正気の沙汰ではありません。とてもマネ出来ません。

また、下に吊橋の里キャンプ場もあり、川沿いのいいキャンプ場です。

関連記事

[2006/03/16 08:00] [旅の風景]奈良県 | TB(0) | CM(0)

藤井寺に雪が 

0314yuki.jpg


昨日2月14日、全国的にかなり冷え込みました。

わが町藤井寺にも、朝起きると雪がうっすらですが積っていました。

3月中旬に大阪に雪が積もるのはかなり珍しいことです。

あんまり珍しいから記念に撮っておきました。

0314yuki2.jpg


折角積ったのですが、太陽の光で数十分後には雪は解けてしまいました。

この寒さが終われば、本格的な春が到来するのかな。
関連記事

[2006/03/15 08:01] [旅の風景]藤井寺 | TB(0) | CM(0)

越後 鶴亀 しぼりたて 生原酒 

turukame1.jpg  turukame3.jpg

turukame2.jpg



冬は、しぼりたて若しくは、原酒を飲む機会が多いです。

これも、近所で購入。


ラベルが、復刻版ということもあり、時代を感じさせる懐かしい絵になっています。


味の方は、

生き生きとしていて、飲んだときに躍動感のようなものを感じます。

香りも華やかで、これぞ生原酒といった感じです。

フルーティーと言った表現が一番近いのではないでしょうか。

味のパンチが強いので

料理と一緒に飲むよりも、

スルメなんかでやっつけた方がいいかも知れません。


しぼりたて生原酒は、独特の味と風味があって、とてもおいしいです。

評価 ★★★★☆(生き生きいている)

越後 鶴亀 特別純米 しぼりたて 生原酒

○産地 新潟県
○製造元 上原酒造
○原材料 米、米麹
○容量 720ml
○アルコール度数 17度~18度
○精米歩合 %
○1300円位
関連記事

[2006/03/14 08:10] [日本酒]新潟県 | TB(0) | CM(0)

白夜行第九話 

白夜行第九話を見た。

とうとう雪穂の義母まで殺害してしもた。

自分の過去が知れてしまった為に。

続きを読む
関連記事

[2006/03/14 08:00] [TVドラマ]白夜行 | TB(0) | CM(0)

ATCアジア太平洋トレードセンター 

s2-PICT1863.jpg


前回、WTCだったんで、今回はATC。

ATCとは、アジア太平洋トレードセンターの略。

オープン当時は、すごい数の人が訪れていましたが、

今でも日曜日などはそこそこ人はきているようです。

ATCは、ショッピングも良いかと思いますが、メインは岸壁から眺める大阪湾の景色だと思います。

夕方になると、そこいらじゅうのベンチにアベックが座って、いい感じになっています。

上の写真も夕暮れを撮ったつもりだったんですが、白夜の様になってしまいました。


s2-PICT1862.jpg


ATCには個人的思い出も有り、大阪の好きな場所の一つです。

昔は、この岸壁で近くのローソンで酒買ってよく宴会したもんでした。

懐かしい・・・。

この岸壁からは意外と魚も釣れるようで、たま~にサビキ釣りをやってる人も見かけます。


s2-PICT1861.jpg


当日は、ハーレーのイベントが行われていました。

ここのスペースで、フリマとか色々イベントが行われています。


s2-PICT1864.jpg


イベントにちなんでこんな人形も。誰かに似てる気が・・・。


南港は、海があって、景色が良くて最高です。
関連記事

[2006/03/13 14:55] [日本酒]大阪府 | TB(2) | CM(0)

WTC コスモタワー 

s2-PICT1839.jpg


WTCコスモタワー

大阪南港にあります。

ビルの高さが西日本一で、地上252メートルあるそうです。

こうやって写真を撮ると、改めてその高さに感心しました。


ここの展望台からの景色は、抜群です。

六甲山や生駒山、遠くは淡路島、関空などが一望できます。

夜景もかなり綺麗で、たしかショットバーもあったと思います。

大阪ベイエリアの人気デートスポット一つではないでしょうか。

大阪に住んでいる若者なら一度は訪れた事があるはずです。

s2-PICT1865.jpg


ビルの天辺の三角の所が展望台です。


ただ、展望台の入場料が800円と若干高い為一度上がると、二回目はあまり行く人は少ないでしょう。

関連記事

[2006/03/12 21:38] [旅の風景]大阪府 | TB(0) | CM(0)

ハイアット・リージェンシー・オオサカ 

s2-PICT1841.jpg


ハイアット・リージェンシー・オオサカ(ガーデンチャペル)


今日、友人であるヒサハル君の結婚式に行ってきました。

ハイアット・リージェンシー・オオサカの場所は南港にあります。

バックに写っているのが、WTCコスモタワーで、左奥がATCです。


手前に写っているのが、式を挙げたチャペルなんですが、

ガーデンチャペルで、ホテル9階の外にあります。

ここがなかなかいい場所でした。

爽やかな風が吹き抜け、柔らかな太陽の日差しが当たって、とても気持ちが良かった。

海沿いにある為、時折、船の汽笛が鳴り雰囲気もバッチリでした。


s2-PICT1843.jpg

正面から見ると、こんな感じで


s2-PICT1842.jpg

近寄って見ると、ちゃんと十字架がありあます。

ガーデンチャペルは、天候によって左右されるので、出来ない時もありますが、
天気がよければ本当に気持ちよく、清清しく式が挙げれますね。

豪華な教会での挙式も良かったですが、

自然を感じながら挙げる式も良いもんでした。
関連記事

[2006/03/11 21:07] [旅の風景]大阪府 | TB(0) | CM(0)

大井バッティングセンター 

ooib2.jpg


大井バッティングセンター


藤井寺市大井にあります。

私が、子供の頃からよく愛用していました。

それが、先日訪れるとこんな事になっていました。

知らない間に、閉鎖、取壊しされていました。

ここは、20年前から一度も料金が変わらず、35球200円と破格でした。

こんな破格なバッティングセンターはもう二度と現れないでしょう。

なんとも寂しい限りです。

ooib1.jpg


大和川の土手を走った事がある人は、一度は目にした事があるのではないでしょうか。
関連記事

[2006/03/10 08:00] [旅の風景]藤井寺 | TB(0) | CM(0)

イルカ島(鳥羽) 

s-DSCF0039.jpg


三重県は鳥羽。

ここは、伊勢志摩スペイン村や、鳥羽水族館、真珠島などが有名。

大阪の小学生の修学旅行と言えば、鳥羽が定番でした。(約20年前)


鳥羽と聞いてあまりピンとこないと思いますが、イルカ島と言うものがあります。

島には、鳥羽から観光船に乗ってむかいます。

そこにはイルカがおって、ショーや水槽のイルカを見ることが出来る訳ですが

上の写真の様に、イルカショーありーの


s-DSCF0034.jpg


イルカが芸しーの


s-DSCF0037.jpg


ジャンプなんかもしーの、色々なシーンのイルカが見れます。


s-DSCF0036.jpg



イルカを台の上に乗せ、イルカタッチなんてイベントもありました。


イルカなんて最近どこでもショーとかやってるやんと思いがちですが

有名な大きな所でイルカショーを見ると

イルカを触れる事が出来ますよとか言っても、人が多いからまず触れれないとか

人が多いから近くで見れないとか

なにかと問題があります。

しかし、ここはメジャーじゃない?為か休日に行ってもあまり人も多くなく、イルカも間近で見れ、大人の私でもイルカタッチを楽しむ事が出来ました。


意外と穴場なイルカポイントではないでしょうか。


あと、おまけにイルカ島のくせに、アシカショーなんてのもあります。

これも割りと楽しめました。
[2006/03/09 08:06] [旅の風景]三重県 | TB(0) | CM(0)

ルピナス 

s2-rupinasu1.jpg    s2-rupunasu2.jpg


ルピナス

これも四季彩の丘で撮影しました。

ルピナスは別名「昇り藤」と呼ばれいています。

藤に似た花が、逆さに昇っていく様から付けられている様です。

花言葉は、「多くの仲間」

このルピナスは、美瑛や富良野の花畑に行くとかなりの割合で見ることが出来ると思います。

ルピナスは北海道以外でも見ることは出来ますが、これだけ多く咲いているところはそうないと思います。

一面に咲くと下の様な感じになります。

s2-miyamatougelupinus.jpg


<写真資料 北海道無料写真素材 DO PHOTO>


関連記事

[2006/03/08 08:00] [北海道]観光地 | TB(0) | CM(0)

オダマキ 

s2-PICT1311.jpg


オダマキ(苧環)

美瑛 四季彩の丘で撮りました。

オダマキ(苧環)とは、上の写真の花の名前です。人の名前ではありません。

オダマキの由来は、その花の形から来ているようです。

花言葉は「断固として勝つ」。

オダマキは、青紫か白。

西洋オダマキは、ピンク、赤、青、紫、黄、白、黒などの色があるそうです。

ということは、写真のオダマキは西洋オダマキということかな。

s2-odamari.jpg

関連記事

[2006/03/07 08:00] [北海道]観光地 | TB(0) | CM(0)

北西の丘展望公園 

s2-hokuseinookatenboudai.jpg


北西の丘展望公園

北海道の美瑛にあります。

上の様な展望台があり、美瑛の丘陵や、大雪山の連峰を望む事が出来ます。

また、売店も併設してあり、ラベンダーソフトや夕張メロンソフトなど販売していました。

わりといけます。


ここ美瑛は丘陵や、木などで有名です。

木は、テレビのCMやパッケージなどに利用され、

「セブンスターの木」など、有名な木には名前がついてあり観光ブックに載っています。

s2-PICT1306.jpg


写真は北西の丘展望公園内で撮ったものです。

右側にチラッと写っている山は大雪山の連峰で、

畑に植えてあるのは、ラベンダーです。

7月上旬に訪れたので、ラベンダーはあんまり咲いてませんでした。

満開になるのは、7月下旬だそうです。

写真の景色はたいしたことありませんが、美瑛にはダイナミックな丘陵が沢山あります。

<写真資料 北海道無料写真素材 DO PHOTO>

関連記事

[2006/03/06 12:00] [北海道]観光地 | TB(0) | CM(0)

白夜行 第八話 

白夜行 第八話を見た。

しかしこのドラマは、展開が速いなぁ。すぐに年がとぶ。
少年期から、大人までを全て描いているから仕方ないけども。
その上、人物の相対関係が色々あるから1回観ただけじゃ頭がこんがらがる。
もう一回じっくり見ないと詳しいとこまで判らんな。


なぜ雪穂が大学のソシアルダンス部に入ったかが今までよう判らんかったけど、やっと理解できた。

続きを読む
関連記事

[2006/03/04 14:30] [TVドラマ]白夜行 | TB(0) | CM(0)

お知らせ 

旅人のメインサイトの写真を更新しました。

興味のある方はぜひどうぞ。

旅人のメインサイト
関連記事

[2006/03/03 01:45] [その他]お知らせ | TB(0) | CM(0)

尾瀬の雪どけ(龍神酒造) 

ozeyuki1.jpg ozeyuki2.jpg


尾瀬の雪どけ(びん囲い 本生 無濾過生原酒)


近所の酒屋で購入。季節限定品。

名前の通り雪どけ水で作っているらしい。


芳醇な香りと、旨さがある。

飲んだとき辛いかなぁと感じるんだけど、口に含むとそうでもない。

こくがあって美味しい。


今回のお酒もそうだけど、

最近、生酒を口にすることが多い。

酒屋に行くとたいがい冷蔵庫で冷やして保存している。

おそらく、生酒だから品質保持の為だと思う。

私も、家に持ち帰って冷蔵庫で保存しておく。

そして、飲むときもそのままひやで飲む。


日本酒は、ひやで飲むと口当たりも良く、アルコール臭も抑えられ非常に飲みやすくなる。

しかし、冷やすと本来持っている旨さとか香りが半減してしまっている様な気がする。


保存は冷蔵庫、飲むときは常温で。

こうした方がより美味しく飲めると思う。


今回のお酒もうまかった。
けど、冷で飲むとなんか損した気分だったから次回からはそうしようと思った。

評価 ★★★★☆(うまかった。うしまけた。)

尾瀬の雪どけ(びん囲い 本生 無濾過生原酒)

○産地 群馬県
○製造元 龍神酒造㈱
○原材料 米、米麹
○容量 720ml
○アルコール度数 17度~18度
○精米歩合 55%
○1300円位

[2006/03/02 17:06] [日本酒]群馬県 | TB(0) | CM(0)

喜志の夕日 

kishiyuuhi.jpg


旅先で見た景色や情景は、心に残り感動します。

しかし、旅先だけではなく、日常の中ででもそんな景色は見ることは出来ます。

普段なにげなく見ていても、よく見てみると、あれっこんなにここの景色はきれいやったんか。そう感じることが出来ます。


上の写真は、家の近くで見た夕日です。ちょうど日が落ちる直前のものです。

夕日が落ちていく時の寂しさ、オレンジ色の光と家や山の影

なかなかいい景色だなぁと感じました。

こういった景色を見ると、なぜかいい気分になります。
関連記事

[2006/03/01 13:16] [旅の風景]大阪府 | TB(0) | CM(0)
02 | 2006/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -





気に入っていただければ・・・



ワンクリックお願いします。



ブログランキングに
参加しています

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ





閲覧制限付記事のパスワードは

管理人の苗字を半角アルファベットで入れて下さい。

(6文字になります)

非常に身内寄りの内容の為、公開を制限させて頂いています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。