FC2ブログ

pine@管理人

Author:pine@管理人
風景写真ブログが
お酒ブログになり、
時には料理ブログにもなり
現在は自転車関連の記事が
主な更新のブログです。

2012/3 TREK2.3購入

既婚。
二児の父親。







携帯でも見れます





スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

純米吟醸 秋田杜氏 




060530-2.jpg



純米吟醸 秋田杜氏を飲みました。


お酒を飲むには、味を楽しむ前に、まずウンチクを楽しみます。

どこで作ったのか、何を使っているのか、どんな製法で作っているのか。

日本酒を飲むときにまず、
純米吟醸だから飲みやすいとか、生原酒はパンチがあって旨いとか、搾りたては荒っぽいけどそこが好き、とか色々と思想を巡らせて味を想像します。

想像しながら飲んで、当たってたら嬉しいし、はずれやったらまだまだ修行が足りんなと思ったりする訳です。

そんなことを考えながら飲んでいると、味とラベルの記載事項が一致してきて、大体自分好みの日本酒が見えてきます。

そんなことを思いながら飲むとまた楽しいです。


さて、秋田杜氏の味の方ですが


日本酒は通常、燗にしたり冷やしたりして飲みます。

これは、
冷やして飲むとキリッとして口当たりも良く、喉越しもスッキリします。
燗にすると日本酒の香りが多く漂い、香りを楽しんで飲む事が出来ます。

本来の味を更に引き立ててくれる効果がある為です。

どんな種類かで燗にするのか冷にするのか変わりますが、いずれにせよ熱を加えたり冷やしたりする訳なので、本来の微妙な味わいは判らなくなるのは確かです。

その酒本来の微妙な味を楽しむなら、常温で飲まないと判らないと思います。

で、今回常温で飲んでみました。

口当たりはさらっとしていて入り易かったです。
口に含むと、柔らかい味なのですがその奥でしっかりした味わいもありました。
喉越しはすっと入って行き、飲みよい味でした。

ただ飲み易いだけでなく、日本酒の味もしっかりと味わえるお酒でした。

初心者には若干飲み難いかもしれませんが、日本酒好きにはなかなかいいお酒でした。


純米吟醸 秋田杜氏

○産地 秋田県
○製造元 木村酒造
○原材料 米、米麹
○容量 720ml
○アルコール度数 15.5%
○精米歩合 50%
○2415円


このブログの順位は

関連記事
スポンサーサイト

[2006/05/30 12:50] [日本酒]秋田県 | TB(0) | CM(0)

豊川悦司 

弁護士のくず

弁護士のくずに豊川悦司が出ています。

余談ですが、名前の読み方は「えつじ」ではなく「えつし」だそうです。最近知りました。


トヨエツは、TVドラマ「愛していると言ってくれ」や「NIGHT HEAD」で有名になり、それ以降色々な映画やドラマで活躍していましたが、私はあんまり興味はありませんでした。

印象と言えば、2枚目であまり多くを語らないクールな役が多いと言った感じでした。

その為、この弁護士のくずを見た時に、ありゃこんなコミカルな演技もできるのか、と感心しトヨエツと言う役者に深く興味が沸きました。


私は興味が沸くと色々知りたくなる性格なので、とりあえず4作ほど映画を借りてみました。

「八墓村」「新・仁義無き戦い」「12人の優しい日本人」「Love Letter」の4点です。

少し感想を。

「八墓村」・・・金田一シリーズで、サスペンスものです。金田一探偵を演じています。
人当たりが良く、洞察力が鋭く、行動力の有る人物です。クールな印象は無く、柔らかくて人のよいにぃちゃんと言った感じです。

「新・仁義無き戦い」・・・ヤクザものです。ヤクザの幹部を演じています。
クールで男らしく、仁義の世界で生きる人物です。男らしい、かっこ良いトヨエツが見れます。

「12人の優しい日本人」・・・日本の陪審員制度のお話です。陪審員の一人を演じています。
役柄の中も俳優を演じています。俳優が故に無口で無関心、しかし実は人優しい。そんな人物です。
この映画は、1991年に製作されていて今から15年まえのものです。若かりしころのトヨエツを見るならこれです。

「Love Letter」・・・恋愛ものです。神戸に住むガラス職人を演じています。少し軽い男の役です。
場所が関西の為、関西弁のトヨエツが見れます。
結構上手い事喋るなぁと思い見ていたら、トヨエツは大阪出身でした。

役者でも、どの作品を見ても同一人物にしか見えないような大根もいます。しかし、彼はどの作品を見ても違う人物になっており、キッチリと演じ分けていました。恐らく演技が上手いのでしょう。

この4作と弁護士のくずを見て感じたのですが、トヨエツはクールな二枚目の男よりも、コミカルな、軽い柔らかい感じの人物を演じる方が味があって見ていて面白く思いました。

弁護士のくずもあと数回で終わりですが、次の出演作もコミカルな役をやってほしいなぁと思います。



関連記事

河内橋付近から安堂方面を望む 




先日の25日はお天気も良く、気候も爽やかでとても気持ちがいい一日でした。

気持ちのいい日は外に出るもんだと思い、昼休みに少しだけ職場の周りを自転車でふらふら出かけました。

職場の近くには大和川が流れているのですが、その土手を少し走りました。

この大和川には、鯉がいて結構大きいサイズのが釣れます。食べる事は出来ませんが・・・。

引きもなかなか強くって、結構楽しめる釣りです。


天気のいい日の土手は、爽やかな風が吹き自転車で走ると最高に気持ちが良かったです。

上の写真はその時撮ったものです。

なかなか田舎っぽくて、いい景色です。

わが町藤井寺は、近くに川が流れ、もう少し離れれば山もあります。

俗に言う田舎町ですが、改めて写真なんか撮ってみると結構いい景色があるもんです。


また天気のいい日には、別の所でもうろついてみようかな。


このブログの順位は


関連記事

[2006/05/26 12:48] [旅の風景]大阪府 | TB(0) | CM(2)

子供の叱り方 

子供を持っている親にとって、教育は最大の責任であり一番頭を抱える問題だと思います。

我が家にも2才と3ヶ月の子供がいますが、その頃の幼児の教育について少しお話を。


続きを読む
関連記事

[2006/05/25 13:00] [その他]子供の教育 | TB(0) | CM(0)

ハーベストの丘 

060522-2.jpg


ハーベストの丘

先日、ハーベストの丘に行って来ました。

~の丘と言えば、丘陵に色鮮やかな花が沢山植えられていて・・・。

と想像しそうですが、ここはそれだけではなく様々な自然の体験が出来たり、動物と触れ合ったり出来ます。

自家製のパンやソーセージ、ジャムなども売っているので、買い物も楽しめると思います。

敷地は広大で、端から端まで移動しようもんなら数十分は掛かります。


060522-5.jpg

060522-6.jpg

060522-3.jpg


園内には、羊やウサギ、犬、ブタ、馬などの動物がいて、実際に動物に触れたり餌をあげたりする事が出来ました。

動物に餌あげてもなぁ~・・・。とか大人は思いがちですが、子供は結構喜びます。

060522-4.jpg


お決まりの、アヒルのボートもあります。

この日は、天気の良い休日こともありこのボートに乗るのに、数十分の待ち時間が発生していました。


060522-1.jpg


イベント広場もあり、この日は近くの団体がよさこい踊りを披露していました。

高知以外で見れるとは、少し得した気分でした。


その他体験教室で、ソーセージ作ったり、お茶碗焼いたリと結構色々できます。

体験教室は、予約が要ったり時間が決まっていたりするので、事前の予約が必要の為私はしませんでしたが、なかなか楽しそうでした。


入場料が900円で、体験教室にはそれぞれ費用が掛かります。

また、動物と触れ合うのに羊は無料なのに犬は有料だったりとなにかと金額が発生します。

入場料とって、さらにアトラクション代もとるのかよ・・・。
ボッタくりやんかいな。
と思っていましたが無料の所だけでも十分に楽しめました。

子連れでもデートでも結構いいんじゃないでしょうか。
 

関連記事

[2006/05/22 12:58] [旅の風景]大阪府 | TB(0) | CM(0)

くずラーメン 

弁護士のくずで必ず毎回あるシーンがあります。

くずがカップラーメンを食べるシーンです。

くずは、生卵を落として食べています。

普通のラーメンには生卵を落として食べる事はありますが、カップラーメンとなると私も未だ経験がありません。


さて、どんな味がするのでしょう。


毎週この生卵カップラーメンのシーンを見ていると、不思議とおいしそうに思えてきます。

で、実際自分でやってみました。

カップラーメンは、くずと同じように普通のカップラーメン。

お湯を注いで三分待ちます。
この時、生卵分を控えた湯量でないと、生卵を入れた時点で溢れてしまいます。

そして、三分後に生卵を落とします。

落としたあとは、くずと同じように箸でまぜまぜします。


お味の方は・・・

卵のお陰でダシがマイルドになり、そのダシが麺に程よく絡まりなかなかいけました。

カップめんは基本的に塩辛かったりしますが、卵を入れる事によりそれが緩和されていい感じでした。

ただ、熱いカップめんに冷たい生卵を入れるのでダシが少しさめてしまう事が欠点です。


びっくりする程旨くなる訳ではありませんでしたが、割といけました。


関連記事

円熟 

060519.jpg



発泡酒は基本的にビールに比べて苦味が少なく独特の甘さが有ります。

そして、第三のビールはそれに輪をかけた味になっています。

発泡酒は、様々なメーカーから沢山の種類が出でいます。


その中で、円熟を飲んでみました。

外の模様は、高級感あふれる仕上がりとなっています。

そして味の方は

変な甘さも無く、適度なコクがあり飲み応えがあります。

そして、飲んだときのピリッとした感じも良いです。


この発泡酒は、アルコール度数6%と少し高めです。

これが、飲み味に旨さとアクセントを与えている様です。


ビールと比べると、苦味の深さやコクなどは劣りますが、
味はそれに近い物がありました。

麒麟では、淡麗が発泡酒では有名ですがそれを超える味となっています。

今までは、サッポロの北海道生搾りが一番旨いと愛飲していましたが
これからはこの円熟に変わりそうです。

円熟

○産地 日本・・・かな
○製造元 麒麟
○原材料 麦その他
○容量 500ml
○アルコール度数 6%
○170円位(24本で4100円位)
関連記事

[2006/05/19 13:28] [ビール]発泡酒 | TB(0) | CM(4)

あぶない刑事 

あぶない刑事とは、刑事ドラマ、映画です。

私はこのシリーズが大好きで、全て見ています。

いくつかシリーズがありまして

TVドラマシリーズでは、

あぶない刑事
もっとあぶない刑事


映画シリーズでは

あぶない刑事
またまたあぶない刑事
もっともあぶない刑事
あぶない刑事リターンズ
あぶない刑事フォーエバー(TV版)
あぶない刑事フォーエバー(劇場版)
まだまだあぶない刑事

とけっこうシリーズがあります。

その中で、最近見たやつから画像を交え紹介。

s2-MABU-1.jpg



続きを読む
関連記事

[2006/05/18 18:30] [映画]あぶない刑事 | TB(0) | CM(0)

電車の旅 

旅には、様々な移動手段があります。

飛行機、車、船、電車、バイク、etc

各々目的に応じて選択する訳ですが、

移動も旅の一つと捉えるならば、電車が一番良いと思います。


ここで言う旅とは、近隣ではなく遠く離れた場所に旅する時です。


飛行機ならば、

目的地まで最速で向かうことが出来ます。

その間は、空の上の為景色を楽しむこともなく(離着陸時にはそれなりの景色がありますが)
椅子にじっと座ってなければなりません。

機内でくつろげますが、いかんせんいささか狭いです。


車の場合、

途中で休憩したり、道中の景色を楽しむことが出来ます。
目的地に着いてからの移動も、思うがままに出来ます。

しかし、運転手が必ず必要で、その人に負担が掛かります。
長距離の場合、長時間椅子に座っていると目的地に着く頃にはけっこう疲労が溜まってしまいます。


船の場合、

これは海がある移動に限るので余り機会はないかも。


電車の場合、

多少時間を要したり乗換えしたりとありますが、目的地まで広い車内をくつろぐ事が出来るし
運転しなければいけない人もいないので、移動中の負担が少ないです。

途中駅弁を購入したり、車窓の風景を楽しんだり、車内で宴会したりと
移動中も色々と楽しむ事ができます。

ガタンゴトンと揺られながら、旅先での行程を考えるのも悪くありません。

この車内での楽しみが、他の手段と比べて各段に多いです。


社会人になると、時間の規制が多く、少しでも早くより安くといった考え中心で旅行しがちです。

しかしその辺はうまいこと調整して

折角旅に出るのだから、移動も目的地でも楽しみたいものです。


なので、旅は電車が一番だと思います。


このブログの順位は
関連記事

[2006/05/16 12:56] [旅の風景]大阪府 | TB(0) | CM(2)

ツツジ(躑躅) 

060513.jpg


060513-1.jpg


ツツジ(躑躅)

ツツジは、4月末から5月上旬に咲いています。

この花は街路樹に良く用いられていて、街中を歩いているとしばしば見かけると思います。

家の入り口や塀沿いにもよく植えてあります。

濃いピンクとでも言いましょうか、一際きらびやかに咲いています。

ちなみに、花言葉は情熱だそうです。


ツツジには、甘い蜜があるのをご存知でしょうか?

花を摘んで、花の根元の方から、チューと吸います。

そうすると、蜂蜜とまではいきませんが、それ位の甘さを感じることが出来ます。

割といけます。

綺麗に咲いている花を摘むのは心が少し痛みますが・・・。

実際よく見てみると、甘い蜜があるかして蜂など結構寄っています。


このブログの順位は
関連記事

玉手山公園 

060511.jpg



先日、家族を連れて玉手山公園に行ってきました。

公園内は広く、遊具なども沢山有り子供にとっては結構遊べる場所でした。

駐車場も無料なので、時間を気にせず遊べます。


ただ、玉手山と言うだけあって、山の上にあります。(山と言っても数百メートル級ですが)

その為、園内も急な坂や階段があったりで、移動が大変でした。

我が家は下の子がまだ2ヶ月なのでベビーカーを押しています。

そのベビーカーを階段で担いで昇り降りしないといけなかったので、とても疲れました。

今、バリアフリーとか叫ばれていますが、そんなレベルの話ではありません。

車椅子、ベビーカーにはとても厳しい場所です。


一番上の写真は、園内を移動する通路です。

通路は木陰に隠れて涼しくなっていました。

木のサワサワする音と、緑の鮮やかさと、マイナスイオンたっぷりで

とても癒されそうな場所です。

しかしごらんの様に坂になっていて、先は階段です。

涼しくて気持ち良かったのですが、ベビーカーを持っている私にとっては辛かったです。

癒されていたのは、気持ちよく寝ていた赤ちゃんだけでした・・・。


公園自体は良かったのですが移動が大変なので、今度行く時は下の子が歩けるようになってからになりそうです。

関連記事

[2006/05/12 12:54] [旅の風景]大阪府 | TB(0) | CM(0)

黒白波 薩摩酒造 

060510.jpg 060510-1.jpg


黒白波

薩摩酒造といえば。

薩摩白波で有名。

薩摩白波と言えば、芋焼酎の代表格です。

代表格ですが、かなりクセのある焼酎。

芋の香りがどっかーんとします。

素人ではなかなか厳しいお味だと思います。

初めて飲んだのが薩摩白波だったので、

芋焼酎はこんなに臭いのかと感じた一品でした。

しかし黒白波は、黒麹仕込となっており比較的飲み易く感じました。


最近は、この黒麹仕込みが流行っているのかな。

色んな所で見かけます。


さて味の方ですが

香り、甘さと香ばしさが混ざりあっています。

口に含むと少し辛く感じました。

喉越しは、芋の旨さとクセがマッチしてそれでいてマイルド。

飲み易いけど、飲み応えもしっかりありました。


この芋焼酎はジャパンで1000円で購入。

この味で、1000円720㎜は妥当。良くもなく、悪くもなく。

手軽に量販店で購入できる芋焼酎にしては悪くないと思います。


黒白波

○産地 鹿児島県
○製造元 薩摩酒造
○原材料 さつまいも、米麹
○容量 720ml
○アルコール度数 25度
○1000円


このブログの順位は


関連記事

[2006/05/10 12:55] [焼酎]芋 | TB(0) | CM(0)

伊佐美 

伊佐美 甲斐商店

先日、友人のよっしー君が九州旅行の土産にと、伊佐美を買って来てくれました。

彼は、伊佐美と他の2種類との3本セットで7500円で購入したそうです。

伊佐美とは、幻の焼酎の元祖とされていて、一般では入手困難だそうです。(幻の焼酎は有名所では、森伊蔵などがあります)

そんな幻を彼がどの様にして購入したかは、忘れました。


さて、味の感想は。



続きを読む
関連記事

[2006/05/08 12:50] [焼酎]芋 | TB(0) | CM(2)

阪神と村上ファンド 

今、阪神と村上ファンドが何やらゴタゴタしています。

株や会社乗っ取り、買収には殆ど詳しくありませんが、

いち野球ファンとして一言述べたいと思います。



続きを読む
関連記事

[2006/05/03 11:58] [その他]野球 | TB(0) | CM(2)

よさこい祭り 

s-yosakois1.jpg

s-yosakois2.jpg


よさこい祭り

四国は高知県。

毎年、お盆の時期にやっています。


よさこい祭りは、基本的に

「衣装」を着て

「鳴子」を持って

「楽曲」にあわせて

「振り付け」を付けて

「地方車」を先導として

踊りながら、街を踊り歩く祭りです。

優秀なパフォーマンスをすれば、賞などがもらえたと思います。


高知の祭りですが、県外からも沢山の参加者と見物客が訪れ

盛大な祭りとなっていました。


各チーム数十名ほどがグループになり、街を踊り歩く姿は圧巻です。

衣装や鳴子なども各チーム様々で個性的なので、
それを見ていても楽しいです。

よさこい祭りの為に、一年間練習しているかして
どのチームも迫力があり、非常にまとまりがあります。

踊っている人たちも非常に楽しそうで、
見ている自分も参加したくなる程でした。


北海道にも、よさこいソーラン祭りというのがありますが
これは恐らく高知のよさこい祭りからヒントを得てできたのでしょう。

関連記事

[2006/05/02 15:14] [旅の風景]四国 | TB(0) | CM(4)

お知らせ 

日頃より、当ブログをご覧頂き誠にありがとうございます。

今までは、毎日更新を目標にやって参りましたが、

少し更新回数を減らそうと思います。


旅行ネタが無くなってきた事と、

毎日更新は時間的に厳しくなって来た事が理由です。


毎日楽しみにしておられる方には申し訳ないのですが、

何卒ご理解の上、ご了承願います。


更新頻度は、2、3日に一度位になるかと思いますが

末永く宜しくお願いします。

関連記事

[2006/05/01 15:28] [その他]お知らせ | TB(0) | CM(2)
04 | 2006/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -





気に入っていただければ・・・



ワンクリックお願いします。



ブログランキングに
参加しています

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ





閲覧制限付記事のパスワードは

管理人の苗字を半角アルファベットで入れて下さい。

(6文字になります)

非常に身内寄りの内容の為、公開を制限させて頂いています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。